アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「仕事」のブログ記事

みんなの「仕事」ブログ

タイトル 日 時
このところ残業続き
工場の仕事であるが、月末月初で忙しい上に、人員が不足気味なので最近は残業が多い。そのせいでもないのだろうが、全身がやや筋肉痛気味である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/02 17:21
調査研究の混乱と反省 その2
先に小人は次のようなことを書いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/28 17:14
工場に履歴書持参
話は簡単である。 昼夜の関係なく、不眠不休で働けばよいのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/19 20:46
ノルマが達成できない
相変わらず毎日暑い。拙宅は、居間にはエアコンがついているのだが、小人の仕事場兼資料置き場にはそんなものはなく、しかも扇風機ですら置くスペースがない。おまけに、パソコンやらなにやら、熱を放出するものがいくつもあり、しかも風通しがとても悪い。そんなわけで、居間と仕事場では10度以上の温度差がある。毎日、汗だくで仕事である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/04 03:00
雷句誠氏の事件 和解の方向に
昨日は早朝から外出。まず、霞ヶ関にてマンガ『金色のガッシュ!!』作者の雷句誠氏がカラー原稿の紛失を巡って小学館を訴えた件の裁判の第一回口頭弁論を傍聴しようと出向く。しかし、到着時にはすでに傍聴席は満席となっており、傍聴できず。弁論は6分ほどで終了。民事裁判の初回口頭弁論としては、まあ普通の時間だろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/07/29 22:08
ノルマは1日15ページ
5月頃から始まった取引先での休刊、発売延期ラッシュによって、一時は激減したライターの仕事であるが、単純な「仕事量」はなんとか持ち直した。だが、仕事がなかった時期の余波が、8月下旬から9月にかけてやってきそうな予測である。かなりの緊縮財政余儀なくさせられることは間違いないが、3年ほど前に工場の深夜勤務をせざるを得なくなったときの経験から、今回は最悪の事態は免れそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/22 00:25
「Word」は使い勝手の悪い電化製品か
少し前のこと、同業者の仲間内が加入しているメーリングリストで、マイクロソフト社製のワープロソフト「Word」が話題となった。ある作家さんが同ソフトの不具合に救助を求めたきたものだが、その後、同ソフトや同社製品に対する不満や不信、さらに悪口や罵詈雑言が次々と噴出した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/21 23:58
お盆進行に伴う混乱と反省
この一週間は、毎年恒例の「お盆進行」で大童だった。毎年のこととはいえ、いつもながらタイトなスケジュールに毎晩の徹夜がさすがにこたえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/19 13:15
原稿料について その2
引き続き原稿料のことについて。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/10 02:44
原稿料について
物価の値上がりがとまらない。貧乏生活のノウハウはいくつか心得ている小人であるが、さすがに光熱費や教育費などの固定費を多く抱える身では、この社会傾向は身に重くのしかかる。とくに、原稿料が安いという日本の現状では、かなり状況は厳しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/08 15:27
営業と執筆の日々
事態は相変わらず予断を許さない状態であるが、やや方向性が見え始めてきたような兆しではある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/05 02:16
どうしたらライターの仕事をもらえるか
ライターの仕事を受注するためのポイントは何か。これは、小人などには非常に重要なファクターである。仕事において最優先の関心事のひとつといっても過言ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/28 17:26
58時間耐久はもっとつらい
早朝まで作業をしても、ほとんど仕事は先に進まず、さらに企画書やら職務経歴書やら、拡大活動に必要なものも作らなくてはならない。特に企画書というものは、作るのになかなか労力と時間がかかるものである。にもかかわらず、ボツとなれば完全にタダ働きである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/06/27 23:59
28時間耐久はつらい
過密スケジュールがさらに過密になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2008/06/26 02:02
さすがに過重労働ゆえ
連日の徹夜に連日の取材が重なり、さらに某出版社の仕事で、手間のかかる記事にもかかわらずページ数を削られたために「採算に合わない」と文句を言ったら、「では今回はお前はカット」などと切り捨てられたため、さらに頭にきて心身にいらぬ疲労が重なった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/18 20:52
読書と愛国心
「お前の趣味は何か」と問われた場合、小人ならば即座に「カメラ」と答えるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/13 22:14
出版という業界の不安
自らの営業強化のために情報を集めていると、ここ数年での出版社の倒産や廃業が目に付く。以下、その一例を列記する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/06 00:15
とりあえずデジタル一眼レフは保留
カメラがたまってきたので、整理しようと思いつつ、ほったらかしにしておいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/29 23:04
メディアは誰のためにあるのか
編集者から企画を求められる際、しばしば、雑誌のような出版物は、いったい誰のため、何のために発行されるのかと疑問に思うことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/29 20:59
困ったとばかり言っていられない
連休明けは「困った」ことばかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

2008/05/23 04:43
本を売ることの難しさ
先日、ジャーナリスト三宅勝久氏の新著をご紹介したが、現在、書籍を売るという行為はとても困難を極めている。以前のように、本の売れ行きが延びなくなってきているのである。先般、チェーン展開する旭屋書店が水道橋店と銀座店を閉店するとマスコミで報じられた。体力のある老舗の旭屋書店ですら、本の販売低迷に苦しんでいるのである。まして、小さな町の本屋さんでは、状況は苦しいことだろう。事実、インターネットで「書店」とか「閉店」というキーワードで検索してみると、長年親しまれた書店が近年になって次々に閉鎖している現状... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2008/05/20 05:09
母校に行く
母校に行く 先日、母校を訪れた。行き先は、中央図書館やら研究室やら。調べ物のために、年に何度か利用している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/05/02 00:46
年末ギリギリの混乱と反省
すでに今年も2時間ほどとなりました。でも、原稿はまだできておりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/31 22:12
年末はますます混乱は増すばかりにて
「今年の年末進行は穏やかだなあ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/26 22:21
非常事態の後に非常事態
先月の終わりの頃から今月にかけて、仕事がひと段落した頃、気がつけば仕事がほとんど無くなったのに気がついた。「忙しいのは今だけで、このままでは年を越すことが経済的に困難になる」と、気づいてあわてたのがついこの間。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/10 02:12
無能無才に休息はない
気象庁の予報とほぼ大きな違いはなく、連日の猛暑は落ち着いたようである。だが、それでも朝から蒸し暑い。そして、仕事その他は山積している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/18 12:08
毎日が締め切り
相変わらず私的な愚痴ばかりで申し訳ありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/09 15:48
毎日暑いですね
目が覚めたのは正午近く。携帯電話を見ると「着信あり」。知り合いのジャーナリストM氏からである。急いで返信すると、「これから都心に出るので、メシでも」とのお誘い。嬉しいこと限りないが、実に残念な事に山のように仕事が貯まっていて外出もままならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/08 23:48
8月に商売繁盛はいいのだが
仕事の依頼がいろいろと入ってくる。本日の午後にも知り合いの編集者から「この件について急ぎでまとめてくれ」との発注。その他、今週中に最低8本の原稿を仕上げなくてはならない。小人のような無能無才で怠惰ゆえの困窮ライターにはありがたいことこの上ないが、体力的にはいささか疲労気味である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/05 20:44
小人 不養生と混乱につき
「忙しい、忙しい」と口で言ってきたが、それもシャレにならなくなってきている。見直し原稿が2本に、本日締め切りの原稿が3本、いや5本。さらに今週中に8ページモノのルポを1本仕上げなくてはならず、さらに企画を3件、水曜日の早朝までにメールで送らなくてはならない。おそらく、この程度の仕事ならば普通のライター諸氏なら1日で軽く片付けてしまうのだろうが、無能無才にして愚鈍極まる怠惰な小人には手の施しようがないほどだ。自らの無才を大いに恥じる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/15 23:45
どうにも多忙で雑多な日々
なんとも珍妙なる毎日が続く。自分では「忙しい」という感覚も自覚もまったくないのだが、成果も実感もないままに日々が過ぎていく。これはどうしたことであろうか。年をとると、ある種の感覚が麻痺していくのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/07/01 21:03
仕事激減しデジカメへの興味急激に収束す
相変わらず仕事が無い。正確には、収入につながる仕事がほとんどない。現在、またも肉体を使った実務作業により生活をつないでいる次第だ。遠方の、まだ見ぬ同輩諸氏よ、体調と疲労にはお気をつけられよ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/20 22:43
名古屋に行くもことごとく空振りしカメラのレストアに心和ませる
相変わらず怠惰な日々が続く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/19 00:19
英知出版続報 同社は破産処理を開始
先日、倒産したと伝えられた都内の出版社、英知出版に関する情報を簡潔にまとめた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/04 23:57
英知出版に関する続報
中堅出版社の英知出版鰍ェ経営破たんしたとの情報が流れてから3日が経過したが、いまだに詳細については不明な点が多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 4

2007/04/03 00:38
英知出版の倒産に関する補足
中堅出版社の英知出版(本社・東京新宿区)の倒産に関して、マスコミによる報道は4月2日14時現在、目だったものは何ひとつない。このまま報じられない可能性もあろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

2007/04/02 15:04
速報 英知出版が倒産
知り合いの出版関係者からの話によれば、アダルト系の発行物で知られている中堅出版社、英知出版(本社・東京新宿区)が2007年3月30日付けで倒産したという。破産や銀行取引停止などといった倒産の種類や、具体的な負債額等の詳細は不明。関係者によれば、現在、神楽坂にある同社本社ビルはシャッターが固く閉ざされ、経営破たんや業務休止などを告知する張り紙などは見当たらないという。同社ホームページはすでに閉鎖されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/01 18:12
毎年恒例の「株主総会」
昨日はある会社の「株主総会」に出席してきた。といっても、私が株主というわけではない。いかに株式が手頃に購入できる時代といっても、そこまでのお金は私にはない。長年付き合いのある専門誌の取材である。総会の取材は92年からやっているので、今年でもう15年目になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2007/03/30 23:48
速報 NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」への疑問
NHKで放送されている番組、「プロフェッショナル 仕事の流儀」の1月11日放送分、「どん底の会社よよみがえれ 弁護士・松村謙一」の内容が、あまりに非現実的であると、某専門家から指摘を受けた。松村弁護士による金融機関との交渉の内容が、「現実ではとても考えられないもの」だというのだ。だが。現時点でははっきりしたことは何もわからない。調査を進め、何かしらの事実が判明次第、何らかの形で報告したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/17 05:48
小人 処理能力の限界を超える
小人 処理能力の限界を超える 仕事がまったくなくなって迎えた新年。ならばと採算度外視である団体の問題点と、さらに烏賀陽さんの件について取材を進めていたところ、先週末になって事情が激変。付き合いのある編集者から「お前が出していた企画が通った。来週までに書け」との注文。やれうれしやと思っていたら、また別の編集者から「単行本を1冊書け」とのお声がかかる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/17 01:51
「食感」という言葉を私は嫌いだ
「食感」という言葉を私は嫌いだ 『食感』(しょっかん)と言う語は、比較的新しい言葉のようだ。『大日本国語辞典』や『大辞典』、古い版の『広辞苑』など、いくつか調べてみたが載っていない。だが、現在ではよく使われる。日常生活から雑誌などの記事、テレビ番組などに至るまで、ごく普通に違和感なく用いられている。知人たちや当家の奥様なども、この言葉は頻繁に使う。「このお菓子は食感が絶妙」などといった会話も、日々の中でよく交わされる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/21 00:33
万国の労働者よ お元気ですか
仕事が再び危機的な状況に陥りつつある。10年間続けた連載が終了となり、5年間仕事をしていた雑誌がある事情で休刊が決まった。このままでは、3ヵ月後には収入は確実に半減する。何とかしなければ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/03 19:58
感情を表現することの難しさ
文章を書くということは、読み手に何かを伝えようとする作業である。その内容は、実に多岐にわたる。高度で難解な思想信条から、「おいしい角煮の作り方」までさまざまである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/05 20:56
小人走れど 前に進まず
小人走れど 前に進まず 例年なら今の時期には、仕事もほとんど済ませて家の片付けものなどをしているはずなのだが、今年に限っては毎日おおわらわである。最終の原稿の締め切りが、28日か29日頃になりそうな雰囲気。さらに、その後もあれこれと付随する作業が残りそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/20 23:18
師にあらざれど走る小人
師にあらざれど走る小人 巷では「貧乏暇なし」などと申しますが、私は今年の暮れは殺人的な忙しさであります。工場の仕事に加えて、いつしかライターの仕事が増えていて、昼間は連日の取材。さらに、撮影の立ち合いを済ませてから大学で調べ物。それからさまざまな書類も作らなくてはなりません。請求書やら経費の精算書も作って送らないと、いただけるお金も入ってまいりません。本当に、若い愛人よりも有能な助手かアシスタントが欲しい今日この頃であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/13 23:58
落胆すれど希望は捨てず
落胆すれど希望は捨てず ライターの仕事は減る一方である。現在の日本で、私を相手にしてくれる編集者は、すでに6人だけになった。もはや、ライターを名乗るのもおこがましいかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/22 00:24
まずは文章の基本を
まずは文章の基本を 文学作品や哲学書ばかり読んでいた高校や大学時代には、文章を書くときには、ことさら珍妙な表現や他人とは違ったものま考え方、解釈の仕方などに必要以上にこだわっていた。いわゆる「変わった文章」というものを、優れているものだと信じていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/11/20 17:50
くだけた文章表現
くだけた文章表現 知人から、「お前のプログは、文章が堅苦しい」と言われた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/11/17 08:09
多忙に際して思うこと
多忙に際して思うこと 先週の土日は工場で朝まで仕事。月曜の朝は、帰宅後にそのまま資料の整理。それが終わってから午後から取材。夕方に取材先を出て、帰りの電車内で40分ほど熟睡。帰宅し遅い夕食。それから明け方まで原稿作成。午前中に2時間ほど仮眠をとり、再び原稿作成。夕食後にまた2時間ほど仮眠。そしてまた工場の仕事。明け方に帰宅して、さらに残りの原稿作成。やっとの思いで終わらせたのが、正午をかなりすぎてから。さすがに睡魔に勝てず、3時間ほど仮眠。起床して家族で夕食。資料類を片付けて現在に至る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/16 21:16
小人寝不足につき
小人寝不足につき 春でもないのにとても眠いです。申し訳ありませんが、新大久保近くの線路沿いに咲いていた美しい花の写真をご鑑賞ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/11 23:38
ブログと仕事と労働と
先般、尊敬するmort_a_creditさんから、「ブログを営業目的に使うライターが目立つ」との状況を教えていただいた。普通なら同業者の動向を探るため、あるいは好奇心からそうしたブログを探して閲覧してみるものなのだろうが、怠惰な私はいまだそうした同輩諸氏のブログを拝見していない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/01 23:55
取材経費について
もう10月も終わりとなる。早いもので、今年も残すところわずか2ヶ月だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/31 23:44
心は修行僧のごとくに
本日は朝から打ち合わせに取材。その後で、尊敬するジャーナリストのK氏と会う。氏のおごりでコーヒーを飲みながら、いろいろとご指示ご指導をいただく。知識と人格に優れた方との談話は楽しい。つい時間を忘れてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/27 23:52
知覚するということ
先日20日、都内で尊敬するジャーナリスト野田敬生氏による講演、「フリーランスのためのリサーチ術入門」の第2回に出席した。実に意義のある内容に、非常に感銘を受けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/21 23:45
原稿料の未払いにどう対抗するか
そろそろ年末年始の生活のことを考えなくてはならない。やりくりとともに、収入のことも計画していくことが不可欠である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/19 23:04
「書く」という作業の難しさ
文章を書くというのは、非常に困難で苦痛に満ちた作業である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/15 19:48
妻子帰宅し疲労と波乱幕開けす
奥様と次女が退院。無事帰宅。これから5人家族の始まりであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/10 21:06
育児の日々と遠ざかる課題
一日が激流のように過ぎていく。早くも明日は、妻子が帰宅する日となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/09 19:41
「信用しろ」というほうが無理
先日、銀行に原稿料が振り込まれたかの確認に行く。案の定、約束通りの期日と金額が振り込まれたのは、3社のうち1社のみ。別の1社は大幅減額。もう1社は振り込みがなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/04 23:31
疲労と絶望は遅れてやってくる
身体が重い。いくら眠っても、眠くてたまらない。睡魔が全身を侵食しているようだ。そして疲労感。身体が重くてたまらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/01 15:23
やはり信用できる者はいない
案の定である。先日、死ぬ思いで書き上げ、納品した原稿についてある広告代理店に確認の電話を入れたところ、その代理店の社長氏、「原稿を見てからこちらから電話する」とのこと。私の下手な文章ではお分かりにならないと思うが、どうも歯切れの悪い口調だった。またも原稿料を支払わないつもりかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/28 22:28
日雇い労働者に休息はない
尊敬するジャーナリスト氏から、「ライターの仕事が増えたそうだが、どうしたのだ」との声をかけていただいた。だが、それはもう2週間の前のこと。先週は虐殺的な忙しさだったものの、瞬間風速的にドタバタしていただけに過ぎない。しかも、忙しくも無理で過密なスケジュールだったにもかかわらず、原稿料の点ではまったく期待できない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/28 07:39
信用には値しない
雑誌の編集者や広告代理店の人間のなかには、悪い意味で「遊び半分」で仕事をしている連中が非常に多い。これは、良い意味での「遊び感覚」とはまるで違う。仕事に関してもその周辺についてのフォローも、何もかもがいい加減。俗に言う「チャランポラン」。基礎的な調査もせず、さりとて知識があるわけでもない。ただ思い込みと憶測だけで企画を適当に作り、それを単に仲が良いだけの、これも俗に言う「べったり」状態にあるライターに書かせる。それでいて、編集者もライターも、「我は熟知せり、世に知らしめん」とでも言うような傲慢な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/26 19:54
月末の週末に昨今のわが身を思う
肉体疲労、筋肉痛。風邪の症状、頭重に咳。ノドの痛みに倦怠感。関節痛に倦怠感。アスコルビン酸、イブフロフェン。にんにく卵黄、アスピリン。ついでに黒酢のストレート。ミネラル補給に青汁を、朝に1杯、夜2杯。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/25 19:36
フジテレビの「やらせ事件」について
少し前のことになるが、フジテレビ系列の番組「めざましテレビ」で、いわゆる『やらせ』が発覚した。いまさらとり上げるのは、いささか間の抜けた感もあるが、思うところがあるので管見を申し上げたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/24 20:31
表現活動に貴賎なし
少し前のことだが、尊敬する若きライター、O氏のブログを見て愕然とした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/09/21 13:09
混乱は突然訪れる
ここ数日で、急にライター業の依頼が集中。単行本の仕事で、1項目あたり500字から1000字が目安。どのくらい書けばいいですかと聞けば、「そう、50から…、100は欲しいですね」との要望。しかも、締め切りは1週間後。やや驚愕。おまけに、来週には実話誌2誌の企画提出の締め切りと、某サイトであるジャンルの用語集のテキスト原稿の締め切り。これがやはり100項目以上。再来週には8年来の連載コラムの締め切り。そして、おそらく月末には3本ほどの締め切りが予想される。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/14 16:38
文章を書くということ
文章を書くという作業は、ひと言で言えば苦痛である。これは比喩でも皮肉でもない。まして謙遜や自負では決してない。文章を作成するということ、そしてそれが形として残るということは、痛みと苦しみを必ず伴うことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/07 00:19
礼節には礼節で報いる
知り合いのライター、O氏は有能な書き手ではあるものの、およそ礼儀とか思いやりというものとは無縁の人間である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/05 18:54
月の初めの筋肉痛
月初めは作業労働と執筆業の締め切りなどとが重なるため、労働的にはかなりハードとなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/03 14:06
勝ち目のない遊撃戦
都内に出かける。雑事を済ませた後、尊敬するジャーナリスト、Y氏に会う。調査報道について、個人的に勉強させていただきたいとの私の申し出に、快く応じてくれたためである。この業界では知られた方であるが、実に誠実で謙虚な方である。お忙しい身でありながら、実にていねいなお話をいただいた。本当にありがたいことと感謝に耐えない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/27 05:32
最近気になったこと
無料求人誌を見ていたら、気になる求人が目に付いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/25 00:32
生きるために工夫と努力
いよいよ所持金が底をついてきた。仕方がない。仕事で使っているデジカメを、1台を残してほかを売ることにする。仕事に支障が生じるが、背に腹はかえられない。そもそも、もはやライターの仕事は廃業寸前にまで来ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/24 23:56
ゴーストライターという仕事
ライブドアの堀江社長が選挙に出馬するというので、マスコミは大騒ぎのようである。雑誌はネタができて大喜びだろうし、テレビは視聴率が稼げるのでホクホクだろう。そして、当のホリエモンも、注目度が急上昇で大満足のはずである。大マスコミもかのベンチャー企業家も、国民生活のことなんてカケラも考えてはいない。カネさえ入れば、それで満足なのだと確信せざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/23 12:00
労働への道
私は性格的に、それまでは何とか我慢をしていたものが「嫌だ、嫌いだ」と思い始めると、加速度的に大嫌いになっていく。誤解を生じやすいので申し上げると、そういう状態になるのは、もともとわだかまりのあった事象についてのみである。つまり、仕事をもらうためにしぶしぶ付き合っていた編集者や、昔だったら上司というだけで従っていた管理職や会社などである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/21 21:18
ブログと書籍化
まれではあるが、ライターの仲間や編集者諸氏から、「せっかくブログをやっているのなら、書籍にすることを考慮に入れてはどうか」と言われることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/20 17:56
窮すれば通ず
いよいよ生活の危機である。やはり、努力と信念だけではどうにもならぬものなのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/18 22:27
労働の日々
相変わらず生活の危機は去ってはいない。とりあえず、電話などの生活と仕事に直接的に支障がある支払いは優先させ、交渉の余地のある支払いについては、先延ばしにしてもらっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/17 22:04
生きるためなら手段はある
私はしばしば編集者の悪口を言う。すると、「品性に欠ける」「大人気ない」「世話になっているのに恩知らず」といった意見をよくいただく。たしかに、その通りだとは思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/16 17:16
現代と言論の自由
言論の自由というものを論議すると、キリがなくなるのは経験的によく知っている。というより、私のような頭が悪く押しも弱い、臆病なな小心者は議論となるとまるでダメである。頭の良い諸氏の前では、小さくなって言いこめられるのが常である。そして、「このバカ者め」「もっと勉強しろ」「××××××(聞くに堪えない差別表現)」を浴びせかけられるのがオチである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/15 00:02
戦後と言論の自由について
戦後について触れるとなると、やはり言論の自由に関して考えずにはいられない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/14 13:34
フリーライターかフリーターか
ライターの仕事は減る一方である。加えて、8月は工場の仕事は休みとなる。労働衛生上の取り決めから、私が働いている工場ではアルバイトは2ヶ月以上続けて勤務することができない。現在、コレクションしていたカメラを売りつつ、商品モニターなどをしてわずかな報酬を得ている。といっても、モニター協力費1万5000円も、8月分はもらえるかどうかわからない。事態はかなり危うい状況だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/08 14:53
名著発掘 その2
湿気の多いこの時期には、蔵書や資料の管理にとくに気を使う。夏場のカビと真冬の結露は、とくに油断大敵なのだ。本棚の裏手や下段の空いているスペースなどに、近所のドラッグストアで安い時に買いだめしておいた除湿剤を、神経質なくらいに設置しまくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/07 16:53
ライターの仕事とは
ライターの仕事を始めて、かれこれ16年近くになるが、今もってあれこれと考えさせられることが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/06 16:56
暴風雨過ぎ去れども未だ風強く雲多し
どうにか当面の危機は脱しました。ご心配をおかけした皆様にお詫びするとともに、激励と叱咤をいただいた方々に、心よりお礼申し上げます。また、心ある有志からの支えが無ければ、危機を免れることはできなかったでしょう。いくら感謝しても足りません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/19 12:23
遠くにありて
情けないわが身をお察しいただいて、いろいろな方からメールやコメントをいただいた。本当にありがとうございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/02 18:44
強く生きよう 倒れまい
現在、私は苦難の奥底にある。詳細は記述しない。あまりに私的なことであるし、あまりに凡庸でつまらないことだからだ。いわゆる「話せば長くなる。長いわりにつまらない」話だからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/06/23 20:17
私は出版に希望が持てない
私は出版業に携わっている者でありながら、この出版という仕事にはわずかな希望しか持つことができない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/20 23:50
歌舞伎町に関する雑感
取材で歌舞伎町をぐるりと回る機会があった。すでに、かつての賑わいは無い。平日の昼間ともなれば、人通りは以前に比べてとても少ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/18 23:40
「丑の刻参り」について考える
世間一般にはその名称をよく知られているものの、内容や詳細となるとほとんど理解されていないものが数多く存在する。そのひとつに、「丑の刻参り」がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/05/30 18:21
真実を伝える困難さ
事実を文章だけで客観的に伝えるのは、非常に難しい。至難の業と言ってもよいだろう。その場で見聞し、なおかつ画像や音声で記録した上ですら、正しくかつ簡潔に、そしてわかりやすく説明することは極めて困難である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/05/29 21:36
私は書かれたものを信用しない
私は実は取材が好きなのだが、経済的な事情などから、資料をもとに原稿を書くことが多い。 しかし、その資料についても、私は意識的に信用しないようにしている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/17 00:00
連休前に小人さらに混乱す
連休直前に原稿依頼がたまる。てっきり連休後で大丈夫だと思っていたものまで、5月2日までに上げなくてはならない。嗚呼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/27 23:57
慈悲の人ありて小人過去の過ちを許される
今日は一日、仕事で外を回っておりました。疲れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/15 23:29
ジャーナリズムには「誠実」と「感動」が不可欠だ
尊敬するジャーナリストである寺澤有氏の新しい著書、交通取り締まりのタブー!―反則金+放置駐車違反金で1千億円超え!お巡りさんウハウハのカラクリが発刊となった。高度で綿密な取材の積み重ねによって構成され、極めて信用性の高い内容であると同時に、非常に説得力ある興味深い文章でつづられている。最近ではまれとなりつつある、骨太のルポである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/11 17:31
徒弟関係なき現代
最近は、ちょっとしたことで「師匠」だの「弟子」だのと言う連中が多いように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/03/18 23:49
働けど働けど
寝ておりません。いや、寝たり起きたり、あああ、よくわかりません。 なぜに私は忙しいか。それほど大量に仕事を抱えているわけではありません。 まず第一に、私が要領が悪い。そして頭が悪い。段取りが悪い。何より、怠け者である私が悪い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/03/15 23:04
人はそれを逃避行動と呼ぶ
今朝はまず相模原税務署にて確定申告。寝ぼけながら、しかもウィスキーを飲みながら書類を書いたので、果たして計算ミスはなかっただろうか。少しばかり心配になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/01 19:33
週明けはやはり波乱で始まる
昨夜から2歳の息子が「お耳が痛い」と言い出した。また中耳炎が再発したようだ。 徹夜明けで、ほとんど眠らぬまま行きつけの耳鼻科にクルマを飛ばす。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/02/28 18:58
週明けは筋肉痛とともに
皆様、今は何時でしょうか。ああ、10時ですか。朝でしょうか、いや、夜のようですね。もう、ワケがわかりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/21 22:20
多忙は死に至る病か
皆様、おはようございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/19 18:19
状況は突如として激動す
今日は早くから打ち合わせ。都内のいくつかの編集部を回る。ほんのあいさつと事務的な話だけのつもりが、新連載の打ち合わせやら、新しい企画の相談などで、今週中にさらに企画書や提案書などを作らなくてはならない。いきなり忙しくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/02/15 19:28
波乱の週明け
今週も週明けは波乱に満ちている。まずは、2歳の息子を耳鼻科に連れて行く。 診察の結果、「軽い中耳炎だが心配ない」とのこと。ひとまず安心。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/02/14 15:30
雑学本より辞書を
某テレビ番組の影響らしいが、雑学がブームらしい。書店にも雑学本が数多く並んでいる。雑誌などにも雑学を特集した企画もよく見受けられる。 ところが、この多くの雑学本や雑学特集には、とにかく間違いやデタラメが数多い。出展や根拠となる資料が提示されていなかったり、年代その他の詳細事項があやふやだったり、なかには内容を面白おかしくするために、事実をねじ曲げたり、珍妙な演出をしているものも多い。 挙句の果ては、思い込みや憶測を、そのまま記事にしているものまである。 例えば、頭が悪いという意味の「バカ」... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/12 22:05
私は六本木が嫌いだ
今日の取材は六本木だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/02/09 23:26
不調は重なる
尊敬する60年組組長のきみ駒さんがインフルエンザで倒れたという。お大事にしていただきたいものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/06 20:36
絶版の薫りを求めて
今日は仕事で都内を回った。最初は九段下にある某ミリオン出版で打ち合わせ。 終了後、神保町の古本街を少しふらつく。 これがいけなかった。 最近は、古本がとても安い。昔はとても手が出なかった、岩波や筑摩の全集、東京堂の事典、 絶版の岩波文庫、その他いろいろな本が手頃な価格で並んでいる。 ふと、ある店の棚に目をやると、岩波版『透谷全集』全三巻が。しかも、揃いで2000円也。 よく見もせずに、そのまますぐ購入した。 現在好きな作家や著者というのは、最初から好きだったとは限らない。もちろん... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/02/02 22:49
混乱する週明け
目が覚めたら朝だった。ああ、当たり前か。 混乱してくると、当たり前なのか、そうでないのかすらわからなくなってくる。嗚呼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/01/31 11:28
崩落の危機と白土三平
実家からいろいろ持ち帰ったものの、実は私の部屋はもう物資が飽和状態であります。私は資料を溜め込むタイプのライターなので、というより捨てる技術が非常に下手なので、雑誌や切り抜き、コピーなどが蓄積する一方です。年末から新聞の切抜きを続けておりますが、これがなかなかうまくいかない。しかも、古い切抜きの一部が本棚の上に未整理のまま積み上げてあって、これがついに天井まで到達。そのうえ、ゆっくり傾きだした。危ない。何とかしなくては。 でも、資料を整理していると、つい読んでしまうのでなかなかはかどらない。... ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/01/25 12:51

トップへ | みんなの「仕事」ブログ

混乱と反省の日々 仕事のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる