アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「独り言」のブログ記事

みんなの「独り言」ブログ

タイトル 日 時
更新停止のお知らせ
本ブログには以前より「上碕」と名乗る者から、死亡した親族や遺族を揶揄・中傷する悪質な書き込みが続いておりますので、現時点をもってブログの更新を永久に停止いたします。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/11/11 03:16
やめたやめた
もうやめた。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/11/09 00:26
ライターなんて
もうやめようか。 仕事なんて、ぜんぜん無い。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/11/06 04:14
厚意には感謝す.
先日、小人の様子を見かねて、知人のジャーナリスト、M氏とN氏がわざわざ当方のもとに来てくれた。しかも、物心ともに配慮をいただいた。本当に感謝に耐えない。M氏は「困った時にはお互い様だ」と笑うが、多忙の彼にここまで気を使っていただくとは、どれほど頭を下げてよいやらわからない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/11/05 01:25
当然のことだが
人間のクズなどにわざわざ会いに来るなどという人間が、地上に存在するわけがない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/27 20:22
仕事は引き継がれる
尊敬するN女史に頼みごとをする。 快諾の返事をもらう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/25 02:03
時刻
今、何時だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/10/24 05:16
人間の生命はただの材料か
命についてここ数日考えるばかりである。 詳しくは書かない。書きたくない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/21 03:29
まず人間でありたい
ライターという仕事は、単に職業であるに過ぎない。 だから小人の場合、経験がたまたま仕事に寄与しているだけである。 経験が執筆に資なるなどとは考えない。 身近な人間の生死を記事の糧にしようなどと、間違っても考えたりはしない。 どうして世間には、人間の命が最優先であるということを理解してくれない人がいるのであろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/18 23:54
ラーメンに酢を入れて
当家は食酢の消費量が普通のご家庭に比べて多いと思う。といっても、食べるだけではなくほかの用途に使うことが多いから。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/10/13 16:10
三浦和義氏の自殺とはやや関係あるかも
いわゆる「ロス疑惑」で身柄を拘束されていた三浦和義氏が、拘留中のロサンゼルスの警察施設内で自殺を図り、死亡したとの報道が昨日なされた。これによって、ロス疑惑のほか、三浦氏の関わるさまざまな疑惑や疑問点は解明されないまま闇の中ということである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/12 17:11
ノーベル賞日本人4名受賞とはほぼ無関係
ノーベル賞にしろ文化勲章にしろ、優れた仕事をしている人が評価されるのはよいことだと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/11 15:27
世界同時株安とはほぼ無関係
小人には関係ないことですが、これまでに株取引をしていたという人間には何人も会っている。「ちょっとでも」という人間を入れたら、何百人にもなるんじゃないだろうか。「儲かって笑いが止まらない」という人にも、これまた何人も会ったことがあるのですが、そういうケースは「一回会っただけ」という人ばかり。何度かあったことのある人は、最終的には「損をした」「株なんてやるものじゃない」という結末が多い。その損失は、数十万円から数千万円まで。まあ、本人の自己申告ですから、どれほど正確かはわかりませんが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/08 12:16
あれば使うのがお金と時間
知り合いのジャーナリストT氏から「裁判の傍聴に来い」というメーリングリストのメッセージがあったため、先日は勝手知ったる東京地裁八王子支部に出向く。霞が関と違い、こちらは「ただの役所」という風情なので、入庁いるにも気が楽である。職員の人たちも親切だし。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 34 / コメント 0

2008/10/07 16:09
秋は蕎麦
久しぶりに、本当に久しぶりに都心に出向く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/10/01 02:26
そろそろ
復活できそうな気配です。 悪意や憎悪も、あらかた吐き出しましたし、そろそろ再始動を申しあげたく存じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/09/26 13:26
これにて
もはや限界のようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/08/31 15:30
調査研究の混乱と反省
調査や情報収集というものは、対象を追いかけるばかりではないようだ。 対象を放置しておくだけでも、いろいろと興味深い情報や現象は把捉できる。 実に面白い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/27 05:37
確かに最近の旅行ガイドはつまらない
尊敬するジャーナリストの小林拓矢氏が、刊行されている多くの旅行関係の雑誌類の内容について疑問を投げかける文章を公開している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/26 18:40
プロコルハルム『青い影』
小人が所有するレコードはモノラルである。 いろいろ探したが、すべてモノラルばかりだった。 ステレオ録音は、存在しないのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/25 17:01
渡辺はま子『蘇州夜曲』
疲れを鎮めるため、音楽を聴くことをはじめた。 同じテープに収録されているのは、次の通り。 『紅屋の娘』 『夜来香』 ほか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/25 06:15
雨の日
どしゃ降りのなか、牛乳を買いに行く。 ずぶ濡れになりながら、パック2本を抱えて帰ってくる。 私は水を飲む。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/24 18:34
予想通りのリアクション
やはりきたか、という感想である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/23 16:18
過重労働は厳しい
夜間の工場での作業とライター業の掛け持ち、さらに家事その他も加わる。 確かに厳しい毎日である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/23 14:19
組織優先の社会に幸福の展望はあるのか
一部の人々が口にする言葉として、「日本では昔から組織が優先される風潮がある」というものがある。 しかし、それは本当に真実であるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/23 14:05
晴れた時には傘を貸し 雨が降ったら奪い取る
銀行に限ったことではない。 世の中、そんな連中でいっぱいである。 とくに、善意の厚化粧をした者達には要注意だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/22 14:01
攻撃の連鎖
現在、小人の元には心ある方々からの配慮ある言葉も寄せられているが、それ以上に誹謗中傷の類も少なくない。敵が弱っている時ほど攻撃の好機であるのは戦略の定石であるから、今の時期に小人を叩き潰そうというのは手法としては正しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/21 15:05
『NEWS23』で自衛隊員の自殺問題
本日21日の23時54分から、TBS系列で放映される『NEWS23』のなかで、自衛隊員の自殺問題についての特集が報じられる。このなかでは、尊敬するジャーナリスト三宅勝久氏もインタビューに応じているらしい。心ある方はご覧あれ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/21 13:27
日銀が何かを下方修正
工場からの面接の帰り、閉鎖された事業所や、すでに更地となった工場跡をいくつも見かける。 そのなかには、小人も働いたことのある事業所の跡もあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/20 00:03
言うまでもないことだが
出版社と編集プロダクション、そして広告代理店。 および、それらに勤務する人間たちは、絶対に信用も信頼もしてはいけない。 これは比喩でも皮肉でもない。 生き残るための、最低限の必要条件である。 生き残ることのできなかった、小人の血と肉を犠牲にした言葉と思っていただきたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/18 03:54
もう迷わない
迷っていても始まらない。 自分にできることを、やるだけである。行ける所まで、倒れるまで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/18 03:05
いっそのこと
絶望の底辺にいる私である。いっそ私も、「希望は、戦争」とでも叫ぼうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/17 01:07
「右翼」「左翼」などという古臭い呼び名
「秋葉原事件」についての論考を見つけた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/16 12:48
珍妙なる忠告
昨日のこと、「あまり自暴自棄になると、誰にも相手にしてもらえなくなるぞ」とのご忠告を拝受した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/16 01:48
「小さな出来事」は報じるに値しないのか
先程、TBS系列の『NEWS23』で、『人民日報』報道担当者にニュースキャスターがインタビューするコーナーが放映されていた。そのなかで、キャスターが「ウイグルでの日本人記者への地元警察による暴行事件についてどう思うのか」という質問に、『人民日報』担当者は答えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/16 00:13
もう何にも興味はない
当然の話であるが、森羅万象、三千世界の何ひとつに対しても興味を持たないという意味ではない。人間として、そして表現者として、何らかの事物事象に対して興味は持ち続けるつもりだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/15 21:00
もう誰の助けも借りない
小人も社会のなかで生きている以上、さまざまな関係の下に助けられて生きていることは否定できない。たとえ社会と隔絶した環境の中で、農耕や狩猟によって生活をつなぐような状況を選択したとしても、自然環境や資源その他を頼りとして生きていかなくてはならないことは明白である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/15 18:11
もう誰も信用しない
さらに言えば、もう誰とも会わないということだ。無能無才のゴミクズなどに会いたいと思う者など、三千世界のどこを探しても一人としているわけがない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/08/14 02:37
官僚的な あまりに官僚的な
官僚的な対応というと、最近では6月26日に参議院議員会館で行われた、グッドウィル廃業にかかわる厚生労働省の対応が今も目に浮かぶ。派遣ユニオンの関根書記長の、「今夜食べるものもない、そういう人がいるのが現状です」という訴えに、厚労省の官僚たちは完全に沈黙した。生活もままならぬ、まさに死にそうな国民がいるというのに、国家は何もしてはくれないというのか。日本というのは、記紀万葉の古から、人の命を何よりも大切にして国だと私は古典から学んだ。だが、それは間違いであったのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/12 20:21
猛暑が続く
本日の当家の昼食はもりそばである。街のおそば屋さんで出てくるもりそばとは違い、家で作るのは本当に山盛りになった、下品なほどに庶民的なもりそばである。大皿にどっかり盛ったそばを、家族で食べる。ちなみに下の娘も数えで3歳で、幼児検診の際にもお墨付きをいただいているので、一緒にそばをすすりあう。暑い時に家族で食べる冷たいそばはうまい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/10 12:41
欲しかったのは口実か
この前、ある雑誌の編集長と話していたときのこと、「ようやく、誰もが『景気が悪い』と正直に言えるようになったのではないでしょうか」という話になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/08 00:09
つまるところは自助努力
当然といえば当然のことだが、自らを救済できるのは自分自身しかない。これは当たり前のようなことであるが、その当たり前のテーゼというものは、理屈ではわかっていても、実感することはなかなか難しい。そして、実感するという経験は、それはそれでとても恐ろしいものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/07 03:34
憶測で発言する者の責任
1994年6月に発生した「松本サリン事件」で被害を受け、ずっと病床で過ごされていた河野澄子さん(60歳)が、5日にお亡くなりになられたと各メディアが報じている。謹んでご冥福をお祈り申しあげたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/08/05 22:58
窮状を理解しようとしない
救済されなくてはならない窮状があり、それを現実的に理解しなくてはならないにもかかわらず、かけらも理解しようとしない状況は、わが国に数多く存在する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/02 14:07
窮状が理解されない
小人の家庭では、相変わらず経済的に非常に苦しい状況にある。だが、それをいまさら述べたとて、ただのぼやきか愚痴にしか聞こえないだろう。世間的には「家計が苦しい」という、ありきたりのつまらない状況である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/02 13:34
小人、デジカメを受け取る 
昨日、紛失に気づいたデジカメだが、本日さっそく霞ヶ関の弁護士会館に行ってみたところ、なんと、ちゃんと落し物として届けられていて、無事に小人の手に戻った。ただし、届けられてから数日経っていたので、丸の内署のほうに回されていたため、日比谷公園を抜けて受け取りに行った次第である。やれやれ、まずはひと安心。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/08/01 00:07
小人、デジカメを紛失す
昨日、取材が立て込んでいた日に、デジカメを某所に置き忘れてきてしまったらしい。撮影しながらインタビューを行い、さらに急いで次の取材に移動した際、ベンチに置いたままにしてしまったようなのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/31 01:00
本が読みたい
小人は、やっぱり本が好きである。夜中に仕事をしていたりすると、山になった資料が雪崩を起こしてきて、思わず「人類にとって本なんて害毒にしかならぬ」なんて叫んだりするが、要は仕事がはかどらないことへの八つ当たりです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/30 00:50
てんぷら
拙宅の近くにある町のお店さんは、メインは鮮魚なのだが野菜やちょっとしたお惣菜なども並んでいる。そのなかで、1枚55円のかき揚げがとてもおいしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/28 02:03
関東は猛暑
卜部兼好法師の『徒然草』によれば、「住まいを考える場合、夏のことを考慮せよ。冬はどのようなところでも、何とか住めるものである」とある。同感である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/12 13:02
買いたくなる携帯電話端末
ふと、テレビに眼をやると、やはりア社の新製品の話題である。商品説明を聞いてみたが、やはり小人には購買意欲は起こらない。「指で画面を操作できる」という機能について、小人はさして魅力には感じない。また、パソコンと同様のインターネット画面にアクセスできるという点についても、小人は外出してまでインターネット環境を使おうとは思わない。そもそも小人は、個人的な意見ではあるが、インターネット環境にさほどの緊急性や常用性を認めない。自宅や出先のパソコンで十分である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/12 00:01
物に頼るということ
アップル社製の携帯電話端末が発売されたそうである。製品名は失念した。というより、関心がまったくないのでわからない。だが、ニュースではその新製品を買うための行列を真っ先に報じていた。どうやら、新型端末の発売は、殺人事件や大分県の教職汚職事件よりも重要なことらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/11 14:06
疲労もやや回復しつつあり
連日の強行軍にて、月末には疲労が重なりしばし休養。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/07/01 23:43
追い詰められた者は自虐的にならざるを得ないのか
ドストエフスキーの小説『罪と罰』に登場する、退官した元役人のマルメラードフは、酒と遊びで身をもち崩し、ついに娘のソフィアを売春婦として働かせるに至ってしまっている。それでも、ソフィアが苦労して稼いできたわずかな現金も、酒を買って飲んでしまう。そのマルメラードフが次のようなことを言う。 「人間、貧乏をすると自分自身を軽蔑するようになるんです」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/29 00:28
追い詰められた者は攻撃的にならざるを得ないのか
もはや状況は最悪である。信頼していた人々からの連絡はついになく、相談しようにも誰にも電話も通じず、また、メールでの返信もない。おそらく、たまたま知り合い諸氏の多忙が重なっただけか、週末や月末で間が悪いだけのことであろう。こうしたことはよくあることで、平素は別段、気にすることもない。だが、事態が事態だけに、小人の焦燥と不安は極めて具体的、かつ現実である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/28 23:03
言論封殺という嫌な風潮
最近、言論というものを封じ込め圧殺しようとする動き、考え方が激烈な勢いで進んでいると感じざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/16 23:27
「保守的」とか「進歩的」と口にするのは怠惰ではないか
インターネットなどを見ていると、「保守的」とか「革新的」「進歩的」などという表現にしばしば出くわす。いずれも、ずいぶんと懐かしい、というより古めかしい用語である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/15 23:53
秋葉原事件およびその他
秋葉原で起きた無差別殺傷事件は、情報が集まるにつれ、また、いろいろと考えるにつれ、やはり簡単に片付けるわけにはいかないという感が日に日に増してくる。何より、就職氷河期世代論とか、派遣労働害悪論などのようなもので単純に処理するような、マクロ的かつ大時代的なものの見方では、けっして好ましい結論や意見は得られないであろうことは断言できそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/12 23:02
その問題は個人的に完結するのか
小人は本ブログにおいて、いろいろと愚痴やらぼやきやら、フラストレーションを稚拙な表現でぐだぐだと並べること幾度もある。お目に触れた方々の中には、だらしのない中年男の醜態にご不快にお感じになっている向きもいらっしゃることであろう。お詫び申し上げたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/08 13:24
本日で4年目
気がつけば、本日で現在の住まいに引っ越してきてちょうど4年目となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/06/01 23:50
シャレにならない日々だが心に花を
極めて緊張状態にある小人の生活状況だが、あせってばかりではよくない。庭には春の花が元気よく咲いている。上の写真の花などは、一時はほとんど枯れかけていた。それが、この通りに新たな葉をつけ茎を伸ばし、多くの花を咲かせている。見習わないといけない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/30 01:44
混乱の続く今日この頃
相変わらず徹夜が続く。といっても、営業の売り込み資料や企画書作り、営業先探しなどがほとんどなので、収入にはつながらない。いかに精魂込めて企画書をつくろうとも、ボツになれば連日連夜の苦労も一瞬にして水泡に帰す。ここがフリーのつらいところである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/28 03:16
蒸し暑い週明けのあれこれ
今朝はまだ5月だというのに、やけに蒸し暑い。奥様は風邪の熱のせいだろうが、子供らも汗だくである。などと思っていたら、先ほど奥様が起きてきて、「エアコンの除湿を」とのご要望である。これはうかつだった。私は本当に、言われないとやらないダメ亭主である。反省すべきである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2008/05/26 05:59
週明け早々の混乱あれこれ
今日になってから、当家の奥様の体調がよくない。どうやら風邪を引いてしまったとのこと。健康がとりえのうちの奥様には珍しいこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/26 02:16
徹夜続きの週末のあれこれ
先週は徹夜続きのハードワーク続きであった。さすがにまだ疲労が残る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/05/25 04:16
ジャーナリストの柄じゃない
権力者や社会的に影響力のある人物などが、何らかの不適切あるいは公序良俗に反するような発言や行動を行った場合、それに対して率直な感想を口にすることはごく自然な行為である。たとえば、先の後期高齢者健康保険にかかわる問題で、高齢者の方々が国に対して「年寄りは死ねということか!」と声を荒げるのは無理のないことである。小人も「政治家や厚生労働省の役人には天罰が下ればいい」というご老人の発言を耳にしたことがあるが、なるほど正直な感覚と言わざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2008/05/22 16:31
無能無才は負けない
状況は極めて悪い。提出した企画はことごとくボツ。当てにしていたムックは発刊中止。収入状況は急激に悪化している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2008/05/19 04:33
多忙な中での緊急事態
相変わらずバタバタと忙しい。最近は、朝も5時頃になるとかなり明るくなってくる。そのまま日本酒を一杯いただいて横になるが、それでも午前中には起きなくてはならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2008/05/14 21:43
最近の多忙と疲労と外食
連休明けの7日、打ち合わせと取材。某編集部と某編プロに顔を出した後、阿佐ヶ谷駅近辺を2時間ほど歩き回る。試写もかねてリコーオートハーフの初期型(前期タイプ)で20枚ほど撮影。その後、駅前でジャーナリストM氏と落ち合い、北口の蕎麦店で食事。2人とも疲れていて、しかも空腹だったため、少しばかり飲んだ後で、もりそば 舞ずつに、さらに大もりを2人で食べる。小人はさらにたぬきそばも食べた。ほかに、日本酒や梅酒、ビールもいただく。それでも、料金は1人2800円。蕎麦屋さんで飲むと、手ごろな料金でとても満足... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/11 23:18
こいのぼりを見にいく
今年の連休は、例によって出かけるとしても近場ばかり。赤貧と多忙の身なれば致し方ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 23:57
連休前のどたばた
いわゆるゴールデンウィークが目前である。当家は、例によって近所の公園などを利用するのみである。宮ヶ瀬公園とか、麻溝公園など。郊外に住んでいると、こうした施設が多いのがメリットである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/25 23:50
そば屋さんで酒を飲む
先日、ジャーナリストのM氏と阿佐ヶ谷で会った際、お蕎麦屋さんで一緒に飲んだ。2人でふらふらと歩いているうちに見つけたお店なのだが、とても風情のある外見と店内。しかもさんざん食べて飲んで、ひとり2000円也とは安い。そして、何よりおそばがおいしい。最後の〆は「大盛り」つまりもりそばの大盛りだったが、更級風のそばと出汁の利いたつゆが格別だった。聞けば、創業90年という老舗とのこと。これは、やはり阿佐ヶ谷在住のルポライターN女史や、食通のジャーナリストT氏などもお呼び申し上げたいものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2008/04/11 23:55
4月になったものの
本日はなんとも妙な天候だった。春にしては肌寒く、しかも突風と横殴りの雨こんな日に朝から歯科医院に出かける。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/08 23:58
川内康範氏死去
作詞や小説などで活躍した作家の川内康範氏が6日、自宅のある青森県でなくなったという。享年88歳とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/07 21:35
混乱は続く されど日は昇る
年末から引き続き、混乱は続いている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/11 04:59
歩行と貝殻
『歩行と貝殻』とは、評論家・秋山駿の作品集である。収録されている作品は、いずれもどのように論評してよいのか迷うような、近寄りがたい文章群である。まわりくどい表現で、いちいち念を押すような、実によみにくい、粘りつくような文章である。それでいて、どこか無視できない、心の片隅に引っかかって取れなくなるような作品である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/09 23:48
小人 「寿がきや」のラーメンを望む
先日、高田馬場に仕事で出かけた際、「寿がきや」のラーメンが食べたくなった。そこで、駅から徒歩約15分程度、早稲田通りと明治通りの交差点にあった「寿がきや」の店舗に出かけてみると、そこはすでに別のラーメン店に変わってしまっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/11 22:43
8月にはなったものの
気がつけば8月である。時間が激流のように過ぎていく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/01 23:59
どうにか乗り切る 乗り切れるか
あたふたと、いやバタバタと毎日が過ぎていく。「あたふた」というと、忙しいながらもことが処理されていくような感じであるが、小人の場合にはそんなスマートな状況ではない。ひとつ物事を片付けたと思ったら、資料の山が雪崩を起こす。ひと仕事終えたと思って腰を下ろすと、今度は写真とネガと、カメラの山が轟音を立てて崩れる。「あたふた」の静寂というより、「バタバタ」の騒音のあわただしさが私の状況を表現するにはより近い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/07/20 23:13
アクセス数はなぜ増える
本ブログは小人の雑多な端書のようなものであり、しかもアフィリエイトも何もやっていないので、アクセス数などまったく気にしていない。今日はアクセスが増えたとか、この記事はアクセスがないとか、その程度のことしか気にしていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/17 03:04
日々雑感 肩書きその他
相変わらず忙しい。昨日は早朝から1日中取材に回り、夜はさすがに疲労でダウン。今朝方、メールをチェックすると、借金の取り立て並みの原稿催促が並んでいた。嗚呼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/10 12:29
小人 心臓の検査を受ける
今年に入ってから、連休の前あたりから病院でいろいろな検査を受けている。電車に1時間以上揺られて、あるとても大きな総合病院に通っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/25 04:31
奇妙な季節感とうかつな自らの行動
このところ何とも珍妙な陽気が続いている。この冬はまれに見る暖冬だった。体感気温はもとより、窓につく結露も平年の比ではなくとても少なかった。ストーブも例年なれば一日中つけっぱなしだったのが、この冬は日中には消していたことが多かった。貧乏な当家では、灯油代がことのほか助かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/04/25 23:55
ゴールデンウィーク前の雑感あれこれ
仕事はひと段落したものの、いろいろと片付けものは数多い。今年に入ってから引き受けた書籍2冊の執筆をはじめ、山積みになっている資料の整理。娘の小学校の行事に、息子の幼稚園の三者面談。不燃ゴミや資源ゴミの分別。さらに継続している取材や調査。さらに生活のためのアルバイトあれこれ。仕事と私用が雑然としている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/23 23:52
僕の村は東京都だった
ついこの間、小人の住む町が自治体合併によって相模原市となった。70万人規模の自治体相模原市である。あまりに大きすぎて、まったく実感がわかない。ただ、住んでいる環境から、窓から見える外の景色まで、何ひとつ変わったものはない。ただ、住所の表記と役場の内部が変わっただけである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2007/04/11 03:50
最後までつまらなかった『華麗なる一族』
TBS系列で放映されていた連続ドラマ、『華麗なる一族』が終了した。最後の最後までつまらなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/03/21 01:10
『華麗なる一族』の凡庸と愚鈍
TBSテレビ系列で放映中の連続ドラマ、『華麗なる一族』が近く終了するという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/14 23:59
いかがわしいものは向こうからやってくる
最近では少なくなったが、今もたまにセールスの電話がかかってくる。ただし、セールスのすべてが不誠実で不適当なものとは限らない。クルマの購入やエアコンのクリーニングを勧めるセールスの電話は、ごく普通の営業活動であり、とくに迷惑とも思わない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/11 11:16
やっぱり取材がしたい
多忙と体調不良で、ほとんど引きこもり生活が続いている。とはいえ、近所への買い物や官公庁への用事などで外出しているので、まったく外部との接触がないわけではない。しかし、ライターとしては家の中で調べモノばかりしているというのは、極めて好ましくないといわざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/10 23:56
週明けの思うことあれこれ
「たら本」が始まっている。正しくは「本のたらいまわしトラックバック企画」と呼ばれるもので、自らの読書に関する思い入れなどを記事にして、トラックパックにて意見交換や交流を進めようという企画である。ここのところ、小人はすっかりサボってしまっている。今回は参加したいものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/05 23:32
徹夜と麺食を控えるの儀
少し前から小人は原因不明の体調不良に悩まされている。めまいと立ちくらみ、突然の不快感。吐き気と、まれではあるが意識の混濁。熱や関節などの痛みはなく、どうにも原因不明である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/01 23:55
小人 不調につき
書きたい記事はいろいろあり、書かなければならない仕事の原稿もありますが、再びの体調不良やら不手際やら、最も重い持病の怠惰によって、どれもなかなかはかどりません。そんな小人のだらしない有様を見かねて、1歳の娘が関係各位に電話で釈明してくれております。などということは、当然ございません。バカなことを言っているうちに、日が暮れ夜もふけてしまいました。嗚呼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/15 23:39
小人 体調不良につき
相変わらず体の調子がすぐれない。平素は何ということはないのだが、時折、先般のように立ちくらみか昏倒感のようなものに襲われる。安静にしているとすぐに治るのだが、何とも不便極まりない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/11 19:49
小人 昏倒する
先の月曜日の朝、いつものように徹夜明けで、上の娘が小学校に行くのを見送るとともに横になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/02/08 01:43
こやつは国賊か非国民か
現在、厚生労働大臣の職にある柳沢伯夫氏が「女性は子を産む機械」という発言をしたという。マスコミその他がしきりに報じている。怒りを通り越してただ唖然とするばかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/01/31 23:34
「あるある大事典2」事件に関連して 映像の恐ろしさ
「あるある大事典2」について、疑惑というか、番組のズサンな内容が明らかとなっているようだ。しかし、小人はまったく驚かない。すでに明白なことばかりだからである。今更「神奈川県庁の職員は態度が悪い」という、当たり前のことを言っているようなものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/30 13:23
小人 齢を重ねる
気がつけば、小人は本日で44歳となった。誠に月日の経つのは早いものと痛感する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/29 03:38
反論を喜ぶべきかな
先日、アフィリエイトに対する管見を申し上げたが、それほどアクセスがない。たしかに拙ブログは不人気なので当然といえば当然だが、故意に悪意ある文言を選んだので、もっと悪意に満ちた反論を期待していたのでやや拍子抜けである。それとも、世のブログ管理者の皆さんは、それほどアフィリエイトにご興味がないのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2007/01/28 01:18
ホリエモンはやはり信用できない
昨日、ホリエモンことライブドア社の元代表、堀江貴文氏の最終弁論が行われた。小人は法廷には行くことができなかったが、概要は『日刊ゲンダイ』その他が報じている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/27 02:27
「アフィリエイトは儲かる」という意見への疑問
最近、アフィリエイトをはじめとするサイドビジネス関係のトラックバックがやたらに多い。拙ブログでは、アフィリエイトに関しては否定的な記事しか書いていない。おそらく、サイドビジネスとかネット広告といったキーワードにヒットして、自動的にトラックバックを仕掛けるようなソフトか何かがあるのだろう。だとすれば、ずいぶんと大量の、ブログに関連したセールス素材がばら撒かれているに違いない。それほど、アフィリエイトをサイドビジネスにするセールスは悲惨で末期的な状況になっているのであろう。すなわち、「アフィリエイト... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 21 / コメント 0

2007/01/25 03:56
「あるある大事典2」事件とスポンサー問題
情報の捏造がフジテレビ系列の「発掘!あるある大事典2」について、番組提供の花王がスポンサーを降りるとニュース等で報じた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 2

2007/01/23 01:57
「あるある大事典2」事件について雑感
マスコミ等で報じられているが、フジテレビ系列で放映された『発掘 あるある大事典2』で紹介された「納豆摂取によるダイエット効果」をうたった内容に、事実とは異なる捏造があったことが発覚した。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 2

2007/01/21 02:07
小人忙殺されるも
「忙しい」という言葉は、小人のような無能無才で怠惰な人間には言い訳にもならない。どんなに暇でも時間があっても、不器用で時間の使い方が非常にヘタな私は、忙しさに関係なく不手際を連発し、その結果、編集の皆さんをはじめ多くの方々に迷惑をかけることになる。反省しきりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2007/01/19 04:01
ビジネスノウハウにいて
新年早々、いろいろな情報が届く。そのなかにはすでに陳腐化したものもあれば、とても新鮮で貴重なものも少なくない。その内容はどうであれ、大切な情報をわざわざ届けてくださる、あるいはこちらを信用して口を開いてくださる方々には、どれほど感謝しても足りることはない。誠にありがたいことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

2007/01/06 13:50
とりあえずお正月は過ぎて
今年の正月も、家族でのほほんと過ごした。豚角煮もまあまあうまく出来上がり、奥様や子供たちにも好評であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/04 21:15
ブログ2年目にして
本ブログも2年目に入った。これまでのアクセス数は、1万6000ちょっとというところ。1日あたり、せいぜい20程度のアクセスである。いうまでもなく、極めて不人気なブログといえよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/02 23:57
迎春あれこれ
無事に新年を迎えた。とりあえず、家内とともに御神酒をいただく。肴は焼きはんぺんのみ。深夜に夫婦で冷酒を飲む。うまい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/01/01 12:22
年末なれど平常と変わりなく
本日は朝から家中の片付けもの。部屋の掃除に資料の整理。恒例の「焼き豚」の煮込みと「豚角煮」の下茹で。さらに新聞や雑誌の切抜き。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/30 21:48
年の瀬は天候も変わりやすく
先日、早朝から臨時のアルバイト。その後で雑事と打ち合わせを終えてから、中野で旧知の旅行作家N氏と食事。彼は12年ほど前、ある雑誌で同じライターとして知り合って以来の付き合いである。その当時はいろいろなライターやカメラマンとの交流もあったが、いつしか音信普通になったり、なかには著書が話題になるなど順風万番となって、疎遠になっていく方もいた。こちらから電話しても、暗に「会いたくない、来るな」という態度を示すケースも少なくない。しかし、N氏は出版界で知られた賞の候補になるなど、知名度と実績を得ていなが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/14 04:52
爆笑問題 太田光は新たな犠牲者か
昨日、フジテレビ系列で放映されている「スタメン」なる番組を見た。実に情けない、内容の希薄な番組である。阿川女史の能天気さはまだ可愛げがあるとしても、毎回登場するコメンテイターの質の低さ、というよりクオリティーの悪さには驚くばかりだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/12/11 16:07
怒りと絶望、そして再び
相変わらず気が晴れない。報道を見れば怒りと憂鬱な気分になるし、自らの境遇を省みれば、ますます暗鬱な思いが晴れない。深夜に原稿を書きながら嘆息し、資料を読みながら苛立ちは増すばかりだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/12/08 23:29
何もかも爆破したい
なすべきことが山積している。仕事に家事に、その他諸々。だが、疲労と睡魔と、怒りといらだち。肉体的にも精神的にも、そしてなお経済的にも、自らの脆弱と無能を痛感する。いっそ、怒りに任せて、何もかも爆破してしまいたい。大量の爆薬を積み上げて、リンテレン中佐の偉大な発明を握り締め、その瞬間が来るのを崖の上で待とうか。あたかも、ダイナマイトを頭に巻きつけるジャン・ポール・ベルモンドのように。しかし、私には大量の爆薬も無ければ、リンテレン式装置を作成するすべも無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/07 23:59
貧しいことはそんなに悪いことなのか
先般、所属している労働組合のさる会合に出席した際、尊敬するジャーナリストK氏が、「不当に低いギャランティを提示されると、まるでこちらの人格までも低く見られているような錯覚に陥ることがある」といった内容の発言をされた。同感である。というよりも、切実に感じ入る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/05 02:24
とりあえず戦うはわが身のみにて
私は愛国者を自認する。しかし、今の日本の現状を、すべていとおしく思うことなどできぬ。これほどまでに、弱い者、貧しい者が、どうして痛めつけられ、辱められなければならないのか。強い者、賢い者、知恵と能力のある者は自らの技を生かして思うがままに生きる権利がある。だが、だからといって弱く貧しい者を踏みつける権利などないはずだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/12/04 03:41
とりあえず身の回りから
先日、蔵書のうち雑誌やリーフレット、官製資料など約2万点を廃棄処分した。さすがに30年かけて集めたものだったので、量が半端ではない。かなりの手間と時間がかかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/03 22:25
師にはあらざれど小人も走る
師走である。「しわす」の語原はいくつもあるらしい。平安末期の書物『奥儀抄』には、「僧に経を読ませるための東奔西走させるのでこう呼ばれるが、それは誤り」と書かれているらしいが、原典を読んでいないのではっきりしない。だが、『日本書紀』や『竹取物語』にも「しわす」という呼称は見られるので、かなり古い呼び方であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/12/01 23:13
カネ以外に価値は無いのか
貨幣や金銭と言うものは、人類の偉大な発明であることに変わりはない。カネというものを完全に否定することはできない。それでは、社会が成り立たない。そうした意味で、カネとはひとつの価値ではある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/30 13:12
『易経』再読番外編 その2 売れる「占い本」を作るコツ
ベストセラーと言うものはその中身を見ると玉石混交で、良書もあれば駄作も少なくない。だが、占い関係の本に限っては、なぜか売れている本、売れた本ほど例外なくデタラメでいい加減なものばかりという事実に直面する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/27 23:13
酒以外に楽しみはないのか
最近、飲酒や酒宴での事件や不祥事がいくつも起きている。個々の事例については改めてとり上げることとするが、こうした「酒がらみ」のことが起きるたびに、つくづく思うのが「世の人々は、それほどまでして酒を飲みたいのか」ということである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 22:18
逃げ出したいと思うこと
何もかも嫌になることがある。というより、すべてを捨てて逃げ出したいと思わない日は無い。ライターなど即刻辞めてしまおうなどとは、毎日どころか日に何度も考える。本というものが大嫌いになることも多い。陰惨たるニュースが続くと、生きていること自体が嫌になる。ブログなどもう今日限りでやめようなどというのも毎回である。生きていくことは難しい。つらい。苦しい。毎日は苦痛の連続である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/21 15:18
小人 山手線を2周する
貧乏閑無しとは古人の言だが、小人の場合はこれに怠惰が加わる。すなわち、貧乏故に多忙である小人は、さらに怠惰につき多忙に拍車がかかる。誠に救われぬわが身ながら、こうした無能無才の小人が生活を続けられるのも、ひとえに支え励ましてくださる仲間たちのおかげだと思い入る。仲間たち、そして本ブログをご覧いただいている皆様に深く感謝申し上げる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/21 00:05
再び「ファイティングスピリット」について
ある一部の人々の言動を見ていると、いじめを苦にしての自殺という事実を、単に苦しみからの逃避的な行動と、単純に考えているように見える場合がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/11/20 02:16
身を正すということ
以下は「アサヒコム」からの『朝日新聞』記事の引用である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/19 20:09
「ファイティングスピリット」とは
東京都知事の石原慎太郎氏がいじめに関する談話として、「ファイティングスピリッツがなければ、一生いじめられるんじゃないのか」と発言したと報じられている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/18 21:57
能天気なマスコミと何もわかっていない政府
自殺者の報道が、新聞やテレビのニュースでよく報じられている。しかし、これは単に報道されるケースが増えているというに過ぎない。言うまでもなく、わが国では毎年年間3万人もの国民が自殺によって死亡している。この事実を、今までマスコミが無視してきたというだけの話だ。マスコミにとって、もはや人間の命など、話題にならない限りどうでもいいことなのだ。話題になったから報じる。それがこの国のマスコミの基本的な姿勢である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/15 23:51
弱者にとって最後の抗議−昨今の「いじめ」について
問題があまりに大きいので、一度に記事にするのは戸惑ってしまう。言うまでもなく、昨今の「いじめ」と「自殺」の問題である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/11/14 04:12
予想外と多忙と混乱の三連休
遠方の、まだ見ぬ同輩諸氏よ、三連休はいがかお過ごしであったろうか。全国的に好天に恵まれ、よきひと時を楽しまれたか。それとも、疲れた御身を休養されたか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/06 02:57
私は広告業界の人間が嫌いだ
忙しさに時間および精神的な余裕がなくなってくると、あれこれと嫌なことを思い出したり、自分のことを棚にあげて他人のアラが目に付いたりするのは、この小人の悪いくせである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/02 22:06
深夜に思う机上の空論
夜通し仕事をしていると、あれこれ無駄なことを思いつくものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/01 05:04
小人疲労する
雑務と多忙で明け暮れる。疲労はなはだしき。それでも、2時間の睡眠で都内へ用事で出かけて、すぐさまとんぼ返り。仕事の後は家内が娘の授業参観にて外出。娘と家内が帰宅後、娘と約束していた外食に出かける。多忙なれど、家族との約束は違えることはできない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2006/10/31 23:53
景気の回復とマスコミの鈍感
景気が回復基調にあるとは、マスコミが盛んに報じているところである。確かに、数々の統計的な数字を見ると、なるほど景気の回復はまさしく事実であるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/28 23:23
長女7歳となる その他もろもろ
当家では10月に誕生日が3日も続く。5日は二女の誕生日。先の22日は奥様の誕生日であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/25 23:18
多忙と徹夜の日々
不運というか、喜ばしくない出来事が続く。先日、遅れていた原稿料がようやく振り込まれたと思ったら、予想していた金額の半分だった。あわててその編プロの経理に問い合わせたところ、残りは次回に必ず振り込むという。これでは、家賃が払えない。さて、どうするべきか。などと困っていたら、今度はクルマの運転中にスピード違反で白バイに止められてしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/10/14 06:44
昨日は13日の金曜日
昨日はいわゆる「13日の金曜日」というものであった。キリスト教の信徒の方々にとっては、とても不吉な日なのだという。ちなみに、小人はこのところ不運不幸の連続なので、いまさら多少のことが起きても驚かない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/14 02:48
いやな風潮
北朝鮮が地下核実験を実施したと、マスコミによって報じられている。その事情や経緯がどうであるにせよ、わが国の近隣でこのようなことが起きるという事実に、はなはだ重い気分になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/10/11 23:54
田中登 死す
先の4日、映画作家の田中登が急性大動脈瘤解離で死去した。69歳。当日の朝に町田市の自宅で倒れ、相模原市古淵の病院に運ばれたが、そのまま急逝したという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/10/07 20:38
黒字倒産とは
忙しい日々が続く。ライターの仕事がたくさんあるのは商売繁盛でとても結構なところなのだが、実は工場のアルバイトをしたくてたまらない。いや、する必要に迫られている。しかし、忙しさのあまり、工場に仕事再開のための手続きをとるヒマもない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/04 04:03
格差社会について
「格差社会」という言葉は、すでに広く世間に知れ渡っていることと理解して間違いなかろう。そして、言葉だけでなく、格差というものは日本の現代社会、ことに庶民生活というものを確実に破壊し侵蝕していることは言うまでも無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/10/02 00:17
心地よい季節になれど
朝晩の空気が心地よい。個人的には、一年を通じて最も好きな季節となった。わずかに冷たさを感じさせる乾燥した空気は、この季節ならではである。温度や湿度で季節や気候を測定するような、大雑把でしかもはなはだ精密さに欠ける感覚では、日本の四季というものを理解し、そして味わうことなどできようはずも無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/01 22:05
信じがたいことなど
現代という時代を、を理性と合理的な認識が浸透している時代だと信ずる人たちがいる。だが、果たしてそうであろうか。もし人々が冷静で高い論理的な認識力を持っているのなら、あのように荒唐無稽なオウム事件がどうして起きたのか。詐欺まがいの悪徳商法なくなるどころか、かえって増えているのはなぜか。これほど国民生活が困窮しているのに、人々はなぜ平然としているのか。どこかの国の総理大臣の支持率について、マスコミが7割以上と報道して、どうしてそれを無批判に信じてしまうのか。この小人には、わからないこと、理解できない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/29 22:41
娘、野菜を食す
当家の周辺には農家や畑が多数あって、新鮮な野菜が手に入る。普段はさすがにスーパーなどで買い物をすることが多いが、野菜はなるべく近隣の野菜販売所や、スーパーやコンビニではない地元に古くからある小さな商店などで買うようにしている。こういう小さなお店や販売書のほうが、スーパーなどよりも値段が格段に安い。そして、何よりも味がすばらしい。とてもおいしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/27 03:19
効率の悪い人生
まずは訂正。先日のブログで「国内メーカーで銀塩カメラのみを生産しているのはコシナだけ」と申し上げましたが、誤りでした。コシナはエプソンと提携してデジカメを作っています。尊敬するジャーナリスト、日野市在住のT氏からのご指摘でわかりました。氏には深く感謝申し上げるものであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/09/21 04:08
模造品と疑似体験の支配する世界
小人が「iPod」なるものが爆発的に売れたということを知ったのは、ごく最近のことである。ニコンは銀塩カメラから撤退した。もはや、日本でカメラ部門においてフィルムカメラのみを作っているのは、コシナだけになってしまったと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/20 13:56
光陰矢のごとくして
仕事に加えて雑事も重なり、何やらわけがわからず毎日が過ぎていく。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/14 23:24
今日は9月11日
本日は9月11日である。とくに特別な日ではない。現在も、そして過去においても。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 23:54
私の主たる取材源は
ライターであれジャーナリストであれ、文章の執筆に必要不可欠な行動がある。それは「取材」にほかならない。取材なくしては、どのような表現活動も不可能であり、取材を伴わない表現活動は、まさに机上の空論、砂上の楼閣にほかならない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/09 23:58
忙中読書雑感さらに
仕事で江戸時代から戦後にかけての資料が必要となった。その手の資料は、私はたくさん持っている。しかし、その資料が並べてあると推測される本棚の前には、3年以上にわたって積み上げられた、雑誌や新聞の切り抜きが無造作に置かれている。これを撤去するのは容易ではない。まだ見ぬ遠方のご同輩諸氏よ。日頃から整理整頓、そして捨てる技術の習得を心がけよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/07 01:42
本日残念なことひとつ
本日、拙宅の近くで新しいコンビニエンスショップが開店した。オリジナルのファーストフードを売り物にした、さる大手のチェーンである。そこで買い物をしようとレジに並んでいると、いきなり50代と思しき6人ほどのご夫人の一団が横から割り込んできた。「すみません、並んでいます」と申し上げたが、まったく聞き入れる様子は無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/08/31 17:26
最近関心の無いものあれこれ
高校野球の結果が、なにやら話題を呼んでいるらしい。早稲田実業とか言う、聞いたことも無い田舎の高校の野球部が優勝したのだそうな。野球に関心の無い人間の意識など、この程度のものである。強い野球部が勝った。それ以上でも、それ以下でもない。そもそも高校の野球部の人間というのは、野球の技術的なスキルさえ磨けば、人格や人間性などは一切問われることのない人種であるから、なおさら私には興味の無いことである。野球部に関係する人間たちが、いかに傲慢で野蛮で思い違いをしているかということは、かつて多くの高校や高野連な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/30 21:26
『易経』再読 番外編 私の考案した易占法
『易経』を読んだ後にアマゾンその他の占い関係書のランキングを見ると、いい加減でデタラメな内容の本ほど上位にランキングされているのが、何とも嘆かわしい。まあ、こうした現象は、何も今に始まったことではない。かの黄女史が書いたカッパブックスの『易入門』という、仰天するくらいに徹頭徹尾デタラメな本がベストセラーになってしまうのだから、この問題は仕方の無いことなのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/29 22:18
祭囃子で目を覚ます
本日は地元の八幡様のお祭りである。いつもは静かな田舎の住宅街に、朝方から祭囃子があちらこちらから聞こえてくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/28 23:45
子供らに不精をたしなめられる
先日、群馬に住む義理の弟一家のところへ行く際に、娘から「クルマをきれいにしようよ」と提案があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/22 00:01
怠惰な終戦記念日
昨日は終戦記念日だった。小人は、ぜひともこの日にふさわしい一冊として、宮野澄氏の『最後の海軍大将 井上成美』に関する書評を本ブログに記そうと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/16 02:18
日々雑感あれど小人要領悪くして
意思はあるものの力不足で頭が悪いため、片付かないことだらけである。本や映画の感想も書いてみたい。ショーペンハウアーと『孫子』を読み返した。いずれも非常に興味深い。とくに、終戦記念日を前にして、『孫子』の「百戦百勝は善の善なるにあらず」という一文は重い意味を持つ。戦争とは、常に殺し合いでありそれ自体が残酷な行為である。決してよいものであるなどとは判断できない。発生してしまったら、勝利することに専念することとなるが、可能な限り戦争は回避しなければならない。たとえ勝利したといっても、自国の損害は甚大な... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/14 23:11
会食二題 その2 娘に礼儀の何たるかを示される
先般、映画『ゲド戦記』を観に行ったあと、家族で会食。夏休みとはいえ多忙と貧困で妻子をどこにも連れて行ってあげられないので、この程度で我慢してもらう。本当にダメな夫であり父親なので、何とも情けない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/11 21:18
小人不覚にして
低温火傷のような、見かけの激しさは無いもののじわじわと苦しいお盆進行が終わったと思ったとたん、留め金が外れたように身体を疲労が襲う。流砂に吸い込まれるような睡魔。それから、やたらとのどが渇き、とにかく甘い物が口に心地よい。それでいて、眠っても3時間ほどで目が覚めてしまう。何だか夏の疲れを先取りしてしまったかのような感覚だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/04 23:48
お盆進行は収まったものの
ライター業にとっての年間に3回ある忙しい時期、お盆進行がようやく収まった。私のような仕事の少ないライターにとっても、GW、お盆、そして年末の進行時期には、かなりの忙しさとなる。それも、本日までになんとか収束した。やれやれ、というのが現在の感想である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/08/02 23:32
怠惰のうちに月日は流れ
気が付けば8月である。1月生まれの小人にとっては、最も嫌いな月である。なんといっても、この暑さが嫌いだ。とくに関東地方の暑さは不快極まる。決して激烈な熱気ではないにもかかわらず、重くのしかかるような、ぬめりつくような蒸し暑さがどこまでも付きまとう。まるで、まるで霞ヶ関の役人連中の対応のような、傲慢で高圧的な、相手に対する配慮や思いやりがカケラも感じられないような暑さだ。夏は嫌いだ。とくに8月は。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/08/01 04:44
土用の丑の日にウナギを食せざる
先日の日曜日は、いわゆる土用の丑の日だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/25 13:51
小人多忙を極め混乱のうちに絶叫せんと欲す
連載の終了や雑誌の休刊などで仕事が激減。と思いきや、捨てる神あれば拾う神あり。旧知の編集者諸氏からの依頼や知り合いからの紹介等で、今月はほぼ缶詰状態になるほどライターの仕事をいただく。誠にありがたきことにて、関係者諸兄に深く敬礼する。また、神々の恵みと御仏の語慈悲にも感謝申し上げ奉るものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/23 10:02
難は去り なお難迫りつつ 難を避く
15日の快き酒宴から帰ってみれば、翌日から全身が筋肉痛と鉛のような疲労感に激烈に襲われる。連日の徹夜がたたったのか、それとも、泥酔したルポライター女史の呪いだろうか。いやいや、私に誠実さと勇気と愛国心が不足しているからであろう。自戒と自省に勤めるのみである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/20 04:12
連休の雑多な生活と雑感
先日、出版関係の仲間内の集まりがあった。実に楽しい1日であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/07/16 23:42
煩雑な日々とわかめの生活
仕事と私用、家事に雑事と、何だか雑多な日々が続く。いちいち説明するのもわずらわしい、というより、解説するのは面倒な割りにつまらないことばかりなので詳細はご容赦のほどを。とにかく、徹夜で作業を続け、朝の7時頃にいったん眠り、11時頃に起きて食事。その後、夕方19時頃まで仕事や雑事、夕食後に2時間ほど眠り、そのあと再び徹夜で作業。そんな毎日が続いている。かなり疲労。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/14 02:39
才能と人格は「生もの」であると信ずる
才能や能力、さらには人格というものは、けっして不変不動のものではない。かつては素晴らしい才智を持っていた者が、時間とともに能力をすり減らしてしまうこともあれば、血のにじむような努力と修練によって、見違えるような素晴らしい才能を開花させる方も少なくはない。そして、その変化というのは、その人が死ぬまで続くものだ。ひとつの仕事、わずかな発言などで、その人物の才能や人格を判断し評定することなど、絶対に出来はしない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/03 20:10
娘とお留守番
長女の小学校の行事や息子の健康診断などで、最近、下の娘と留守番をすることがよくある。 ついこの間まで寝たきりの赤ん坊だったのが、最近ではハイハイで家の中を縦横無尽に動き回る。ハイハイと言うより、まさに匍匐前進そのもので、その移動速度はかなり速い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/07/02 17:31
週末の感想あれこれ
どこもかしこも、サッカー・ワールドカップの話題で持ちきりである。サッカーにまるで関心がなく、知識も無い小人としては、日本チームの検討を讃えるばかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/23 23:59
「切れ者の悪党」の不在
村上ファンドの村上世彰氏といえば、かつては時代の寵児、輝かしい経歴を持つ投資のパイオニアのように報じられていた。しかし、今や拝金主義の悪党という報道ばかりである。週刊誌や夕刊紙が村上氏を叩くのは筋が通っているとしても、以前はさんざん村上氏を祭り上げた大新聞やテレビまでもが、手のひらを返したようにボロクソに攻撃している。もっとも、テレビや大手の新聞がスポンサーや権力には絶対に頭が上がらない、看板屋稼業であるから仕方がないともいえるが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/06/22 20:20
「食感」という言葉を私は嫌いだ
『食感』(しょっかん)と言う語は、比較的新しい言葉のようだ。『大日本国語辞典』や『大辞典』、古い版の『広辞苑』など、いくつか調べてみたが載っていない。だが、現在ではよく使われる。日常生活から雑誌などの記事、テレビ番組などに至るまで、ごく普通に違和感なく用いられている。知人たちや当家の奥様なども、この言葉は頻繁に使う。「このお菓子は食感が絶妙」などといった会話も、日々の中でよく交わされる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/21 00:33
サッカー熱について
世間ではサッカー・ワールドカップの話題でしきりである。小人は愛国者を自認しているが、サッカーのことについてはまるで無知である。ルールもその精神も、まったくわからない。従って、日本チームが勝つかどうかは、予想もつかない。だが、スポーツの、そしてルールに基づいた正式なゲームであるならば、強いものが勝ち、弱いものが負けるであろう。ただそれだけのことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/20 16:28
下劣な心根は文章に顕著に現れる
もう2週間ほど前のことであるが、尊敬する旅行作家のN氏のブログに書き込みをした。N氏が原稿の依頼などで忙しいと仰っていたのに対して、当方はライターの仕事が減る一方で、工場のアルバイトを再開しようというようなことを、自嘲気味に書き込んだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/19 21:46
野蛮とは何か
少し前のことになるが、反米的な武力行動を組織的に指揮していたと目されていたザルカウィ氏が、米軍の武力行為によって絶命したと報道された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/17 20:53
「成分分析占い」を試みる
「成分分析」というものがあるそうだ。いわゆる占いのようなものの一種だろう。 http://seibun.nosv.org/ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/15 23:54
小人混乱すれど小さき花に心やすらぐ
雑事に追われなどと言うと言い訳にも使えそうな文言であるが、小人の場合は段取りの悪さと手際の悪さ、頭の悪さに怠惰な性質が加わって、諸事がはかどらないというだけの話である。冷静に見れば、それほどの作業量ではない。普通に頭の良い方なら、せいぜい1日あれば片付いてしまうような仕事に、もう一週間以上もとらわれたままである。改めて、自らの無能さと要領の悪さが情けない。嗚呼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/14 23:28
言葉、そして文章を書くことの重み
少し前のこととなるが、5年以上も記事を書かせてもらっていた雑誌が休刊することとなった。どちらかと言えばマイナーな雑誌であり、社会的なステイタスも高いとはいえなかったが、やる気と行動力のある編集者がおり、私もかなり自由に記事を書かせてもらっていた。そして、これから記事内容のクオリティをもっと高めていこうと話し合っていた矢先のことなので、私個人としては非常に残念なところである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/10 04:07
村上世彰氏の逮捕に思う
いわゆる「村上ファンド」の村上世彰氏が証券取引法違反容疑で逮捕された。事件の詳細については、日を追って解明されていくことだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/06/06 23:57
万国の労働者よ お元気ですか
仕事が再び危機的な状況に陥りつつある。10年間続けた連載が終了となり、5年間仕事をしていた雑誌がある事情で休刊が決まった。このままでは、3ヵ月後には収入は確実に半減する。何とかしなければ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/06/03 19:58
文章に関する無神経
なぜ文章を書くのか。それに対する答えは数多く考えられるが、手段としての文章を考えた場合に、何かを伝達する装置として語句を書きつづるのだと思われる。つまり、書き手の感情や感動、場所の状況、事実に関する描写など、伝えたいことを文字や記号を駆使して文章というものを作るのだと考えられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/02 23:45
杉村太蔵議員の盗作問題について
すでに先週のこととなってしまったが、自由民主党の杉村太蔵議員の「盗作」疑惑が取り沙汰された。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/06/01 21:35
諸事怠りて
自らの意識としては「忙しい」という感覚はないものの、現象面として確認してみると、仕事と家事、そのほか諸事につきいろいろな未処理事項が山積している。もちろん単に忙しいというだけではない。小人の怠惰さがおおいに起因していることは明らかである。嗚呼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/26 23:58
表現者同士の差別と偏見
先日、小人が「共謀罪」なるものの成立に反対する行動のお手伝いをしていることを挙げた。なぜこんなまわりくどい言い方をするかというと、私自身は反対の意思を持ってはいるが、実際の行動というとそれほど活発に活動しているわけではない。ほんの「お手伝い」程度である。そんな怠惰な私が、「反対の運動をしている」などと言おうものなら、「何もしていないお前が、大言壮語もいいかげんにしろ」と怒られてしまうであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/05/23 21:24
「共謀罪」に反対する行動
本日は中野駅前で写真撮影。現在、国会で審議中の法律「共謀罪」の成立に反対する出版関係者たちの集会を撮影した。この行動については、小人も少しばかりお手伝いを申し上げている。詳しくは、尊敬するジャーナリスト、寺澤有氏のブログ、さらに関連のブログを参照されたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/22 00:13
近況あるいは毎度の混乱
先日、知人から「お前は仕事をよくやっている」「勤勉である。立派だ」と誉められる。その言葉に、非常に恐縮する。しかし、私は勤勉と言うより怠惰である。情けないほどに。つまり、私は勤勉でも多くの仕事を抱えているわけでもない。単に私が要領と頭が悪く、不器用で無能なだけなのである。それを知りつつ、なおも激励してくれる埼玉在住の知人に、深く深く感謝する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/19 11:46
頭が悪いということ
先日、ある活動で集まった数名の出版関係者たちと会食する機会があった。その席上、ある女性ライターの方が、ひどく落ち込んでいた様子であった。彼女の言うには、「心の奥底に何やらもやもやしたものがある。言葉でうまく表現できない」とのことであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/18 22:08
小人 落飾す
とは言っても、別に剃髪して仏門に入るわけではない。いや、私のような煩悩多く蒙昧なる輩は、山門に臨んだとて「お帰りなされ」と即座に戸を閉じられてしまうのが関の山であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/13 23:33
数量を自慢するということ
先般、尊敬する読書家のLINさんから、「ブログで『今年は100冊読んだ』だの『200冊読んだ』だとか自慢する者がいる。いかがなものか」というコメントをいただいた。そうした方々が実際にどのような記事を公開しているのか、小人はよく知らない。調べてみる気もない。まったく興味がないからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/12 22:41
アイフルの業務停止の日に
先般の金融庁の発表の通り、消費者金融大手のアイフルが全店で業務停止となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2006/05/08 23:19
日本テレビ「ニッポン人が好きな100人の偉人」について
日本テレビ系列で、「ニッポン人が好きな100人の偉人」なる番組が放映されている。予想通り、極めてくだらない番組である。私はこういう、手垢のついた教養らしきものをなすりつけた低俗で下品な番組が大好きなので、さっそく視聴してみた。そして、とても退屈なのでこうしてブログを書いている次第である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/05/07 21:27
たら本後記 本を読むことは本当に良いことか
最近、たら本への参加がきつい。ある深夜番組のタイトルを借りるなら、正直しんどいというところである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/05/07 02:33
名も知らぬ花を前に
この花の名を、私は知らない。だが、この花の力強さなら痛烈に知っている。この花の苗を、私は雑草と勘違いして抜いてしまった。だが、その後で思い直して植えてみたのだ。 「どうせ枯れてしまうのだろう」 そう思う私の浅はかな考えをよそに、か細い苗は茎をもたげ葉を伸ばし、見事な深紫の美しい花をいくつも開かせた。この事実に、小人は深く反省し、敬意を示すものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/04 23:18
国粋主義者の連休は睡魔で始まる
連日の徹夜のためか、それとも単に陽気のせいなのか、連休に入ったとたんにすさまじい睡魔に襲われる。夜にきっちりと睡眠をとったのだが、午前中にすでに眠くなる。それを我慢して家の掃除やベランダの鉢植えへの水遣りや草むしり。そして昼食を済ませると、午後2時頃からまたしても強烈な睡魔。パソコンを前にして、うつらうつら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/29 23:38
ブラックリストについて
私はこの数年、借金や破産について記事を書く機会がしばしばある。そのたびに、世間一般でのこうしたテーマについての誤解や迷信があまりに多いことにただ驚くばかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/04/28 23:56
トラックバックの文字化けについて
最近のことだが、ほかの方からのトラックバックをいただくと、必ず文字化けをしてしまう。最初は、例によって迷惑トラックバックなのかと思ったら、ごく普通の方のトラックバックでも化けてしまうようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/27 23:52
日本は砂漠か静寂の暗闇か
先日、パソコンソフト「Winny」を話題にした。もちろん、私はかのソフトについては完全に無知なので、先日の記事はおそらくピントはずれもいい所なのだろう。だが、私はそれでいいと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/26 13:51
Winny被害について
少し前のことになるが、Winnyなるパソコンソフトに関連した情報流出の被害がニュースとなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/25 10:30
汝その不手際の理由を述べよ
平常時ですら間が抜けているこの小人は、事態が切迫するとたちまち収拾がつかなくなる。ゴールデンウィーク進行で通常の仕事ですら処理するのが大変なこの時に、突発的な、しかも急ぎの仕事が次々に来る。仕事が増えるのはありがたいことであるが、すでにかなりの混乱である。大学の図書館に大宅文庫、その他いろいろなところから資料や情報をかき集める。本当は、じっくりと取材をしたいところだが、いかんせん、時間がない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/20 23:41
小人焦燥し更に事態は悪化する
江川達也のマンガで、どの作品かは失念したが、大勢でハイキングか何かに出かけて、その一同が毒キノコを食べて幻覚を見て混乱するという場面があった。その中毒になったひとりが、空を仰ぎこぶしを掲げて絶叫するカットが印象的だった。そのセリフは、 「ついに、オレは宇宙の真理を発見したぞー!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/19 23:53
小人徹夜続きなれど仕事がはかどらず
またもや徹夜の毎日である。時間をかけているわりには、仕事が進まない。現在受注したものは、昭和のとある事件や犯罪に関する原稿。気安く引き受けたものの、思うように作文が進まない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/18 23:49
日常なくして良識なしと心得る
現在、私が最優先すべきは家族である。仕事も大切であるが、それは家族のために働いているに過ぎない。仕事をするために家族を犠牲にするならば、本末転倒というものである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/17 23:58
「絶対」と口にする無責任
物事を勧める時などに、しばしば「絶対に」と言葉に出して強調する者たちがいる。結論から申し上げれば、そういった輩はまず信用できない。何かしらの論証や定義、確証となる事物を提示しての発言ならぱ納得もいくが、おおかたの場合は、たんに「絶対に大丈夫」とか「絶対にそんなことは無い」などと、自らの見解や持論をただ押し付ける一方である。まるで、どこかの国の総理大臣をやっている男のようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/04/12 17:59
アニメーション雑感
テレビも春の改編によって、さまざまな番組の入れ替えが盛んである。『ふしぎ星のふたご姫』は続くようだが、むしろ『とっとこハム太郎』の終了は非常に残念である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/10 12:30
小沢一郎氏の民主党代表就任に思う
先日、小沢一郎氏が民主党の代表に就任したと、マスコミによって伝えられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/04/08 23:53
クレヨンしんちゃんを推奨するも ナルニア国はのりたまの国か
娘たちが「映画に連れて行け」とねだる。小人は二つ返事で承諾した。見に行くのは、もちろん『クレヨンしんちゃん 伝説を呼ぶ踊れアミーゴ』である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2006/04/06 21:55
映画が見たい
スタニスワフ・レム氏の死去に伴い、『ソラリスの陽の下に』その他を再読していらしゃる方も多いようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/04/05 22:39
経験と信念について
もう25年ほど前のこと、恩師である文芸評論家の井口時男先生に忠告を受けた。 「自らの信念に責任を持て」 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/04/03 23:27
忙中閑あり 貧乏ヒマなし
あわただしく「年度末」が過ぎていく。確定申告をはじめとする公的な手続きはなんとか終了。それから、4月から小学校に行くことになる長女に関するあれこれ。そして、明日16日は、その娘の幼稚園の卒園式である。早いものだと実感する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/16 02:42
多忙の週末に雨降りしきる
都に雨が降るごとく、心に雨が降ったのはフランスの詩人のことであって、端くれであっても日本男児である小人は、雨風ごときに負けてはいられない。確定申告を済ませ、商品レポートを書き上げ、そして午後からは某編集者氏へのあいさつ。疲れたわが身をいたわりつつ、口から出るのは、「火筒の響き遠ざかる あとには虫も声立てず」の歌声。いざ戦わん、いざ、奮い立て、と自らを慰め、励まし、ああ、町立公民館の鐘は鳴る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/10 23:59
日々に多忙が及びて
少しひと息つけると思っていたのもつかの間、いつしか雑事が重なっている。原稿の締め切りが3つか4つ、週末から週明けにかけて。商品モニターのレポート提出期限も迫っている。それより、確定申告を済ませなくては。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/09 12:56
「バトン」について
最近、ブログ上で「バトン」なるものをよく見かける。あるテーマの下にいくつかの項目を設定し、それに回答するというものである。ご存知の方も多いことだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/07 20:40
私には心配事がある
先日、ある知り合いから「このところ体調が悪い」との電話があった。もう10年来の付き合いのある、同年配の人間だ。私が苦境にあったときには、何度も励まし元気づけてくれた、私にとって返しがたいほどの恩のある方である。聞けば、あまりよい状態ではないとのこと。「すぐに病院に行って下さい」と申し上げて電話を切った。その知人は、とにかく他人には気遣いがあるのにご自身のことは後回しにしがちな方なので、とくに気がかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/07 01:23
ライブドア事件再考
ライブドア事件については、雑誌も新聞も、以前ほど多くの誌面を割かなくなっている。無理もない。社会は次々に変化している。事件や犯罪も、あとから矢継ぎ早に発生し続けている。読者や視聴者は、飽きるのが早い。いつまでも、ひとつの事件ばかりにかかわってはいられない。件の民主党議員のデマメール事件についても、本来はライブドアが核心にあるはずなのだが、いつの間にか焦点がまったく別のところに移ってしまった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/05 23:57
興味がないことと嫌いなことと
最近では少なくなったが、以前は知り合って日が浅い人などに、「プロ野球はどこのファンですか?」などと質問されることがよくあった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/04 23:27
パーティ出席に思う
先日、旧知の旅行作家であるN氏の出版記念パーティに出席した。料理がやや物足りなかったものの、ほぼ3年ぶりにN氏に会えたことは喜びであった。紳士的にお誘いいただいた氏のご好意に、深く感謝申し上げたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/03/04 21:00
桃の節句に家族を思う
3月3日はひな祭りである。とくに二女は初節句となる。ところが、本日は知人の出版記念パーティに出席するため、外出することになっていた。そのため、お節句のお祝いは、すでに昨日済ませてある。ひな人形を飾り、長女の希望により桜餅とちらし寿司を家族で食べた。桜餅は、自宅から少し離れた商店街にある、老夫婦が営んでいる小さな和菓子店で購入した。これがとてもおいしかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/03 23:59
停滞する毎日と変化しない欲望
相変わらず眠い。でも、今日はその理由がわかっている。この2日ほど徹夜だったからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/28 22:14
疲労困憊
徹夜続きでさすがに動けなくなりました。 この小人も、もはやこれまででしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/02/16 23:13
私の大嫌いな文章技巧
すでに本ブログで書いたように、私は「?」や「!」、「…」などを文章に使うことを好まない。ついでに言えば、くだけた表現や話し言葉的な言い回しも嫌いである。一人称を多用したり、必要以上に同語反復するのもいただけない。自分勝手な造語にも違和感を感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/12 23:46
フジテレビの『西遊記』はやっぱりつまらない
フジテレビ系列で放送されている連続ドラマ『西遊記』を、6歳の娘が毎週楽しみにしている。かなり面白いらしい。もちろん、幼稚園児をそんなおそくまで夜更かしさせるわけには行かない。ビデオに録画して、後日見せている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

2006/02/11 05:58
たら本後記 そして反省
今回、「たら本」の主催者を承りました。予想以上に気を使う仕事でありました。深夜番組のタイトルを借りるなら、「正直、しんどい」というところでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/02/08 16:51
雑感というより雑多な日々
単行本執筆といえば聞こえはいいが、要は積み上げた資料を引っ掻き回しながら、なんとか文章をつなぎ合わせ組み立てていくような作業である。とくに頭も要領も悪い私であるから、ひと晩かかってもどれほども進まない。徹夜の連日なれど、遅遅として進まず。嗚呼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/02/03 23:40
日々雑感いくつか
先日、クルマの車検。知り合いの整備士さんがいろいろと配慮してくれたため、1日で完了。しかも、料金も税金等を含めて10万円でやってくれた。感謝に絶えない。私のような無能無才のろくでなしが日々生活できるのも、こうした心ある方々のお力添えによるものである。深く感謝したい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/02 04:57
珍妙なる現代
今の日本を見ていると、「××無き」云々、というような表現がぴったりくるようなものが多いような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/01 23:02
厄年は過ぎ去ったのか
小人は本日で43歳を迎えた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/01/29 17:22
唯一の例外
リクルート社の元会長で創業者、江副浩正氏が『朝日新聞』の記事で名誉を傷つけられたとして、東京地裁に損害賠償の訴訟を起こしたという。記事は次の通り。 http://www.asahi.com/national/update/0126/TKY200601260356.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/27 20:45
後に残すもの
この小人も来週には43歳となってしまうが、歳をとったという実感がまるでない。頭頂部もかなり情けなくなり、体力の衰えも確実に顕著となってきているものの、気分はまだまだ鼻タレ者のヒヨッコ、読み書きもろくにできない見習い小僧と自覚することしきりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/01/26 16:46
ここ数日の世間の混乱 その3 ホリエモン逮捕という事実
本日夕方から夜にかけての報道は、ライブドア社代表の堀江氏の逮捕で一色となった。先日からの、いわゆるライブドアショックのなかでも、ひときわ大きなニュースであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/24 00:26
ここ数日の世間の混乱 その2 やはりライブドア
マンション耐震強度偽装事件も重要であるし、阪神・淡路大地震についても、未だに考えなくてはならない、無視できない問題は多い。さらに、ほかにも数多くの事件や問題は確として存在する。大事件が発生しているからといって、ほかの事件や問題が順番待ちをしてくれているわけではない。世間的には大きな話題に隠れていても、重要でかつ深刻な出来事は確実に起こっているのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2006/01/22 16:44
ここ数日の世間の混乱 その1 ライブドア信者たち
今週に入って、世間があわただしい。宮崎事件における宮崎被告の死刑確定。阪神・淡路の震災から11年。マンションの耐震偽装事件でのヒューザー社長小嶋氏の証人喚問。ライブドアに関する一連の騒動。どれをとっても、話題としては事欠かない、重大なものばかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/19 22:00
日々雑感あるいは補足
先日、実家に寄ったところ、押入れの奥から「紹興酒」がひと瓶見つかった。おそらく、20年ほど前に買って、放り込んでおいたものだろう。自宅に持ち帰り、迷った挙句に栓をあけ、グラスに注ぐ。心なしか、見慣れた老酒よりも深く濃い色。恐る恐る一口。とくに変な味はしない。むしろ、濃厚でうまい。さらに一口、また一口。そして、翌朝。体調は、とくに悪くはない。どうやら、紹興酒は開封しなければ、20年は保存が利くようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/17 05:03
ニコン銀塩撤退についてさらに
ニコンの銀塩カメラ事業からの撤退は、かなり波紋を広げているようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/16 22:55
確実に儲かる方法
「絶対に儲かる」というのは、先物取引の営業マンや、各種インチキ商法の勧誘スタッフの常套句だ。この世の中に、絶対に儲かる方法なんて、絶対にありはしない。まして、それを赤の他人に教えようなどという人間など、それこそ絶対にいるわけが無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2006/01/13 23:19
死に至る病に犯された不安の概念はあれかこれか
ゼーレン・キルケゴール氏がいきなり現れて、「死に至る病とは何か」と、この小人に尋ねたとしよう。私は迷わず、「怠惰と間抜けでございます」と答えただろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/12 22:01
ブログを書く意味について
なぜブログを書くのか。それについて、多くのブログ管理者の方がいろいろな意見や考えを述べていらっしゃる。私も常に、なぜこのブログという場で拙文管見を他人様にさらすのかについて、考えること毎日のようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2006/01/09 22:48
七草を終えて正月を振り返る
本日は七草である。いわゆる「七草」は用意できなかったが、本日の夕食はおかゆだった。大きな土鍋でたっぷりのおかゆを炊いて、家族で囲んで各々の器で食べる。イメージとしては、ガルシンの『赤い花』に登場する病院の食堂のようである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/01/07 22:07
感情を表現することの難しさ
文章を書くということは、読み手に何かを伝えようとする作業である。その内容は、実に多岐にわたる。高度で難解な思想信条から、「おいしい角煮の作り方」までさまざまである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2006/01/05 20:56
一流から三流まで
昨日、テレビ東京系列で放映された、「芸能人格付けランキング」を観た。実にくだらない。そして、面白かった。テレビとは、もともと下品でくだらないものである。そして、私はくだらないものが大好きだ。このシリーズは、毎回見ている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/01/04 23:15
恭賀新年 されど混乱 そして反省
新年 あけましておめでとうございます。 今年もご指導とご批判のほどよろしくお願い申し上げます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2006/01/01 01:31
大混乱のうちに大晦日
年末最後の買出しを済ませ、リビングやトイレ、浴室の掃除に、鉢植えの移し替えやゴミの整理、などと片っ端から片付けていたら、早くも時間は夕方6時。急いでソバをゆでる準備をしながら、床のワックスかけと排水溝の掃除。それからそれから、まだまだやることは終わらない。仕事と居眠りに使っている小部屋も、荒れ果てたままである。嗚呼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/31 22:46
混乱のうちに大晦日
猛省すべきである。すでに12月31日、大つごもりとなってしまった。これで、やらなくてはならないことの多くを、来年に持ち越すことが決定である。その量は、とても数え切れるものではない。しかも、それは今年に始まったことではない。あたかも高峰に積もった雪が、溶け切れずに年を越して残り、ますます厚みを増していくが如し。昨年の引っ越し以来、6年前の結婚以後、いや、20年前の学生時代から、延々と持ち越してきたことばかりである。これを怠惰怠慢と呼ばずに、なんと表現すればよいのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/12/31 02:27
救済はいずこにあるのか
ことしは考えさせられる事件が多かった。とくに、弱者が犠牲となる事件。たとえば、関西に続いて発生した、栃木での幼い女の子が犠牲となる犯罪。一般的な感覚としては当然のことながら、小さな子を持つ親としても、このような事件の発生にはやりきれない思いがする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/28 16:32
再び少子化について そして怒り
今年は結婚後のみならず、公私共にさまざまに苦難の一年であった。それと同時に、非常に多くのものを学ぶことのできた、実りある年でもあった。とくに、多くのジャーナリスト諸氏からはお受けするものはなはだ多く、身の余る思いである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/23 21:27
師にあらざれど走る小人
巷では「貧乏暇なし」などと申しますが、私は今年の暮れは殺人的な忙しさであります。工場の仕事に加えて、いつしかライターの仕事が増えていて、昼間は連日の取材。さらに、撮影の立ち合いを済ませてから大学で調べ物。それからさまざまな書類も作らなくてはなりません。請求書やら経費の精算書も作って送らないと、いただけるお金も入ってまいりません。本当に、若い愛人よりも有能な助手かアシスタントが欲しい今日この頃であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/12/13 23:58
怠惰を恥じる
思いがけず11日間もブログを放置してしまった。まったく弁明の余地もない。ひとえに、この小人の怠惰のみが起因である。誠に恥ずべきと言わざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/12/05 21:30
落胆すれど希望は捨てず
ライターの仕事は減る一方である。現在の日本で、私を相手にしてくれる編集者は、すでに6人だけになった。もはや、ライターを名乗るのもおこがましいかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/22 00:24
常識の難しさ
8年ほど前のこと、西新宿を歩いていたら、20歳くらいの若い女性に声をかけられた。 「京王プラザホテルはどこですか」 私はすぐに、あの建物がそうですと指をさして教えた。すると、その女性は何も言わずに振り向いて、後ろにいたやはり若い白人男性に、流暢な英語でなにやら説明すると、京王プラザのほうにむかってすたすたと歩いていった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/11/21 22:29
まずは文章の基本を
文学作品や哲学書ばかり読んでいた高校や大学時代には、文章を書くときには、ことさら珍妙な表現や他人とは違ったものま考え方、解釈の仕方などに必要以上にこだわっていた。いわゆる「変わった文章」というものを、優れているものだと信じていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/11/20 17:50
名も知らぬ花のごとく
激流のような毎日です。疲労と睡眠不足。普通ですらミスの多いこの小人ゆえ、なにかとんでもない失敗か落ち度があるのではと、不安なことこの上なしですが、いかんせん、睡魔と体の重さには勝てません。どうかご勘弁の程を。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/18 23:42
くだけた文章表現
知人から、「お前のプログは、文章が堅苦しい」と言われた。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/11/17 08:09
多忙に際して思うこと
先週の土日は工場で朝まで仕事。月曜の朝は、帰宅後にそのまま資料の整理。それが終わってから午後から取材。夕方に取材先を出て、帰りの電車内で40分ほど熟睡。帰宅し遅い夕食。それから明け方まで原稿作成。午前中に2時間ほど仮眠をとり、再び原稿作成。夕食後にまた2時間ほど仮眠。そしてまた工場の仕事。明け方に帰宅して、さらに残りの原稿作成。やっとの思いで終わらせたのが、正午をかなりすぎてから。さすがに睡魔に勝てず、3時間ほど仮眠。起床して家族で夕食。資料類を片付けて現在に至る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/16 21:16
誰のためのブログか
少し前のことだが、ある国会議員の秘書をしている優秀な男性から、「お前のブログは読んでいると悲しい気分になる」とのご指摘を受けた。たしかに、最近の本部ログは、あまり明るい話題は無いので、「…はあ」としか答えようが無かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/14 23:58
混乱そしてまた混乱
寝不足と多忙で、いよいよ本当に自分でも何をしているのかわからなくなってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/11/13 07:36
小人寝不足につき
春でもないのにとても眠いです。申し訳ありませんが、新大久保近くの線路沿いに咲いていた美しい花の写真をご鑑賞ください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/11 23:38
小人粗忽につき
昨晩深夜、急にネットへのアクセスが不能。まずはパソコン本体をチェックし、再起動させるも復活せず、アクセス障害かとも思い、プロバイダーに問い合わせるがそのような事実なし。仕方なく3時間ほど眠り、再びパソコンを立ち上げるが事態は改善せず。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/08 19:45
小人不人気につき
本ブログもようやくアクセス数が1万件となりました。いつもご足労いただいております皆様には、小人、深く感謝申し上げる次第でございます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/07 15:57
四時移り変わりて
いつの間にやらすっかり秋である。朝晩はかなり冷え込むようになった。とくに夜勤の前後はかなり寒さを感じるようになった。仕事中はシャツ一杯でも汗だくなので気づかないが、出勤前と就業後には、上着が欲しくなるような季節である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/11/03 20:13
ブログと仕事と労働と
先般、尊敬するmort_a_creditさんから、「ブログを営業目的に使うライターが目立つ」との状況を教えていただいた。普通なら同業者の動向を探るため、あるいは好奇心からそうしたブログを探して閲覧してみるものなのだろうが、怠惰な私はいまだそうした同輩諸氏のブログを拝見していない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/11/01 23:55
取材経費について
もう10月も終わりとなる。早いもので、今年も残すところわずか2ヶ月だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/31 23:44
価値の無いメッセージ
世にはさまざまな困難が存在する。その多くは、相対的であって解決が難しいものが少なくない。にもかかわらず、何かあるひとつの事象をとらえて、「そんなの簡単だよ」と言ってのける連中が数多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/30 23:12
進む食欲 進まぬ仕事
ここ数日で、すっかりと涼しくなった。明け方などは、少し肌寒いくらいである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/29 21:08
心は修行僧のごとくに
本日は朝から打ち合わせに取材。その後で、尊敬するジャーナリストのK氏と会う。氏のおごりでコーヒーを飲みながら、いろいろとご指示ご指導をいただく。知識と人格に優れた方との談話は楽しい。つい時間を忘れてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/27 23:52
無力なるわが身
いついかなる時においてでも、常に痛烈に実感せざるを得ないのは、自分自身についての無力感である。心身を清潔に保つには知恵も無く意志も弱く、処世についてはあまりに知識と経験に欠しく、体力も根性も頼りない。要領の悪さに至っては、知人から呆れられるばかりである。部屋の片づけすらままならず、怠惰ゆえに仕事の新規開拓はおろか、受注した分すら遅遅として進まない。小心なところを足元を見られ、原稿料は叩かれてばかり。同じような原稿を書いていても、別のライターなら1ページ2万円はもらえるところを、半額から、悪くすれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/10/26 13:40
さらに少子化対策への疑問
3人の子持ちとなった私であるが、政府や行政の少子化対策への疑問はますます強くなるばかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 4

2005/10/25 23:22
10月対策を考える
本日は長女の6歳の誕生日だった。娘のリクエストにこたえて、夕飯は海鮮ちらしずし。ケーキは栗の載ったチョコレートケーキ。プレゼントは、これも本人の要望から『ケロロ軍曹』の絵本であった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/24 23:58
心より悔み 心より反省す
本日は渋谷の宮下公園で、いわゆる『共謀罪』に反対するイベント。多くの尊敬する方々の発言に触れる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/22 23:58
知覚するということ
先日20日、都内で尊敬するジャーナリスト野田敬生氏による講演、「フリーランスのためのリサーチ術入門」の第2回に出席した。実に意義のある内容に、非常に感銘を受けた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/21 23:45
原稿料の未払いにどう対抗するか
そろそろ年末年始の生活のことを考えなくてはならない。やりくりとともに、収入のことも計画していくことが不可欠である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/19 23:04
不器用は罪悪か
たいした仕事もしていないのに、時間がいくらあっても足りない。気が付けばもう夜である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/17 23:26
「書く」という作業の難しさ
文章を書くというのは、非常に困難で苦痛に満ちた作業である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/15 19:48
焦燥すれど所詮はわが身
ますますライター業から遠ざかっているような気がする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/14 22:48
片付けものが終わらない
さまざま片付けものがたまっている。新聞の切り抜き、古雑誌、資料のコピー、子供らのおもちゃ、営業マン時代のスーツ、ジャンク品カメラ、その他諸々。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/13 23:58
働く娘
次女の誕生に際して、最も頼りになったのは長女である。とにかく、よく動く。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/11 23:58
妻子帰宅し疲労と波乱幕開けす
奥様と次女が退院。無事帰宅。これから5人家族の始まりであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/10 21:06
育児の日々と遠ざかる課題
一日が激流のように過ぎていく。早くも明日は、妻子が帰宅する日となった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/09 19:41
育児と仕事の責任
昨日は娘の幼稚園の運動会。曇天模様だったものの、何とか雨は降らずに終了。幸い、家内もクリニックから外出許可が出て、娘の出る競技は観戦できた。とりあえず、娘関係の大きなイベントは今年はこれでクリア。願わくは、写真の出来具合。デジカメでも写したが、フィルムはどうだろうか。リコーのXR-8にミランダの210ミリで写したのだが、露出不足が気になるところである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/10/09 09:06
生活に関する記録
洗濯に片付け物、子供らの世話などあれこれとしていると、どうしてもこんな時間になってしまう。幸い、娘も息子も寝つきがいい。私は子供のくせに不眠症だったので、こういう点は本当に良かったと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/07 23:27
次女誕生に娘おおいに活躍す
次女誕生二日目。朝は7時起き。ゴミ出しに昨夜の食器洗い。メールの確認。洗濯物。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/10/06 23:28
「信用しろ」というほうが無理
先日、銀行に原稿料が振り込まれたかの確認に行く。案の定、約束通りの期日と金額が振り込まれたのは、3社のうち1社のみ。別の1社は大幅減額。もう1社は振り込みがなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/10/04 23:31
クラシックカメラに安らぐ休日
最近このブログも、愚痴とぼやきばかりになっている。怒りを形にするのは必要だが、たまには気分転換も必要であろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2005/10/03 00:01
疲労と絶望は遅れてやってくる
身体が重い。いくら眠っても、眠くてたまらない。睡魔が全身を侵食しているようだ。そして疲労感。身体が重くてたまらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/10/01 15:23
庶民は自虐的ではない
自民党が選挙で大勝し、国会だ大多数を占めたことに対して、さまざまな識者たちは小泉政権が行ってきた国民への圧政を並べ、「選挙民は自虐的なのか」と述べる記事やコラムが実に多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/29 09:01
やはり信用できる者はいない
案の定である。先日、死ぬ思いで書き上げ、納品した原稿についてある広告代理店に確認の電話を入れたところ、その代理店の社長氏、「原稿を見てからこちらから電話する」とのこと。私の下手な文章ではお分かりにならないと思うが、どうも歯切れの悪い口調だった。またも原稿料を支払わないつもりかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/28 22:28
日雇い労働者に休息はない
尊敬するジャーナリスト氏から、「ライターの仕事が増えたそうだが、どうしたのだ」との声をかけていただいた。だが、それはもう2週間の前のこと。先週は虐殺的な忙しさだったものの、瞬間風速的にドタバタしていただけに過ぎない。しかも、忙しくも無理で過密なスケジュールだったにもかかわらず、原稿料の点ではまったく期待できない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/28 07:39
それでも信ずるに値するものを求めて
信用できないものが、今の世の中には多すぎる。マスコミは信用できない。銀行は信用できない。教師や学校は信用できない。健康食品も占いも、とうてい信用するに値しない。私のわずかな経験だけでも、何を信じてよいやらわからなくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/27 10:01
信用には値しない
雑誌の編集者や広告代理店の人間のなかには、悪い意味で「遊び半分」で仕事をしている連中が非常に多い。これは、良い意味での「遊び感覚」とはまるで違う。仕事に関してもその周辺についてのフォローも、何もかもがいい加減。俗に言う「チャランポラン」。基礎的な調査もせず、さりとて知識があるわけでもない。ただ思い込みと憶測だけで企画を適当に作り、それを単に仲が良いだけの、これも俗に言う「べったり」状態にあるライターに書かせる。それでいて、編集者もライターも、「我は熟知せり、世に知らしめん」とでも言うような傲慢な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/26 19:54
月末の週末に昨今のわが身を思う
肉体疲労、筋肉痛。風邪の症状、頭重に咳。ノドの痛みに倦怠感。関節痛に倦怠感。アスコルビン酸、イブフロフェン。にんにく卵黄、アスピリン。ついでに黒酢のストレート。ミネラル補給に青汁を、朝に1杯、夜2杯。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/25 19:36
フジテレビの「やらせ事件」について
少し前のことになるが、フジテレビ系列の番組「めざましテレビ」で、いわゆる『やらせ』が発覚した。いまさらとり上げるのは、いささか間の抜けた感もあるが、思うところがあるので管見を申し上げたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/24 20:31
1年後の不覚
私が右肩を骨折してから、1年が経った。転倒による右肩外部に3箇所の剥離骨折。不自由な生活が続いたものの、いろいろと良い経験にもなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/23 19:53
表現活動に貴賎なし
少し前のことだが、尊敬する若きライター、O氏のブログを見て愕然とした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/09/21 13:09
死刑執行人もまた死す
ドイツ人の映画作家、フリッツ・ラングは、内容だけでなくタイトルも素晴らしい。「M」「復讐は俺に任せろ」「死刑執行人もまた死す」「メトロポリス」などなど。名作ぞろいである。ちなみに、私が一番好きな作品は「M」である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/18 06:18
再びわれは求め訴えたり
今ほど自らに「力が欲しい」と思ったことはない。不眠不休で仕事を続けられる体力と、不安を払拭できる精神力、苦難をものともせず行動できる強い意志の力が欲しい。しかし、私にはどれも備わっていない。自らのふがいなさ、情けなさを身に染みて感じる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/16 05:34
大洪水は目前か
政治屋や役人の言うことを聞いていると、「我が亡き後に洪水よ来たれ」という態度の人間が、ほぼ100パーセントであることに気づかざるを得ない。少子化対策や高齢化対のズサンさは、その傾向を顕著に示しているし、今回の選挙の小泉=自民圧勝によって、その傾向はますます加速するだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/13 18:57
小泉政権大勝に心暗く
予想していたとはいえ、小泉=自民党の圧勝を目の当たりにすると、なんとも暗い気分になる。これからまた、小泉によって数多くの国民が虐殺され、犯罪が横行し、世の中から名誉と誇りと倫理が確実に失われていくと思うと、本当に悲しくなってくる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/09/12 23:57
雨の休日に思う
早朝、工場の仕事から戻ってシャワーを浴びようとしたところ、めまいと言いようの無い不快感。疲れが少しばかりたまっているのか。しかし、この程度で労働者が休息することは許されない。まあ、ケガや病気で死んだ者はいないというし、たかがめまい程度で休んでいたら、世間の皆様に笑われるというものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/11 18:45
わが身の不遇と小泉支持率上昇
本ブログの人気は落ちる一方である。アクセスも少ない。コメントやトラックバックに至っては、ごくわずかという表現が適切である。つまり、本プログは「見たくない、読みたくない」ものであるということは、厳粛たる事実である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2005/09/10 14:40
見沢知廉氏の自殺に思う
作家の見沢知廉さんが亡くなった。46歳。横浜の自宅マンションからの飛び降り自殺とのことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/09 12:33
「占い商売」のいかがわしさ
元来は非常に真面目で重要で、とても価値があるものでありながら、商売というかカネがからむことで、急激にいかがわしく、俗悪でしかも低劣になってしまうものがある。ブログに関しても、私はそうした懸念を抱いている。もちろん、ブログをビジネスに活用することは否定しないし、できようはずもない。それで、新たなビジネスチャネルが開発されれば、それはそれで結構なことである。問題は、大勢がそのような方向に向いてしまうことである。せっかくの庶民のジャーナリズムとしてのツールとしてブログが普及してきつつあるというのに、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/08 22:20
文章を書くということ
文章を書くという作業は、ひと言で言えば苦痛である。これは比喩でも皮肉でもない。まして謙遜や自負では決してない。文章を作成するということ、そしてそれが形として残るということは、痛みと苦しみを必ず伴うことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/07 00:19
選挙・改革・民主主義
私は、わが国で実施されている選挙というものが大嫌いである。理屈はともあれ、経験的に、体験的に非常に嫌いである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/06 12:18
礼節には礼節で報いる
知り合いのライター、O氏は有能な書き手ではあるものの、およそ礼儀とか思いやりというものとは無縁の人間である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/09/05 18:54
希望なきわが国の現況
世間では総選挙とかいうお祭り騒ぎの話題で盛り上がっているようだ。もちろん、とても悪い意味で、である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/04 08:20
月の初めの筋肉痛
月初めは作業労働と執筆業の締め切りなどとが重なるため、労働的にはかなりハードとなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/09/03 14:06
私の近況とブログのヒット数
昨日は朝から日雇いの仕事。朝の7時から事務所に待機して、病欠などで空いた人員の代わりに仕事に向かうというもの。幸い、1名の欠員が出た。工場内の軽作業。不要になった段ボールの廃棄や空ケースの整理などを夕方まで。夜には日当の6200円を手にして帰宅。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/31 17:45
おいしいと感じるひと時
「たら本」に参加したいが、労働者の身の上ではなかなか難しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/30 00:49
常に冷静さを
出版社や編集者に幻滅し絶望したといっても、心ある編集担当者は少なくない。尊敬できる方々とは、礼を尽くしてお付き合いしていきたい。ただ、いかに生活のためとはいっても、あまりに理不尽な振る舞いを続ける輩には、頭を下げる我慢はしたくない、もうしないということである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/27 12:53
勝ち目のない遊撃戦
都内に出かける。雑事を済ませた後、尊敬するジャーナリスト、Y氏に会う。調査報道について、個人的に勉強させていただきたいとの私の申し出に、快く応じてくれたためである。この業界では知られた方であるが、実に誠実で謙虚な方である。お忙しい身でありながら、実にていねいなお話をいただいた。本当にありがたいことと感謝に耐えない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/27 05:32
もはや出版社には期待しない
編集者諸氏から見れば、私ごときは「ゴミクズ以下」ということらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/26 04:01
最近気になったこと
無料求人誌を見ていたら、気になる求人が目に付いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/25 00:32
安らぎの場は自宅ではない
最近、酒の量が増えた。ストレスがたまっている。イライラも多い。仕事も手につかない。といっても、ライターの仕事は極めて少なくなっている。取材といっても、自主的に追っているテーマについて、継続的にこつこつと続けているに過ぎない。それとて、空振りに終わる可能性もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/23 22:50
さらに丑の刻参り関連
以前、丑の刻参りについていた時のアクセスをたどってみたら、ブログやHPで丑の刻参りや「呪い」をとり上げているところが多かった。だが、残念なことに、そうしたブログやHPには、知識として正しい、あるいは感心するような内容はひとつも無かった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/23 17:28
ゴーストライターという仕事 2
ゴーストライターという仕事が生まれる背景としては、そのひとつに「有名人の本は売れる」あるいは、「有名人の本でなければ売れない」という、出版社の事情、というか思い込みがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/23 16:53
ゴーストライターという仕事
ライブドアの堀江社長が選挙に出馬するというので、マスコミは大騒ぎのようである。雑誌はネタができて大喜びだろうし、テレビは視聴率が稼げるのでホクホクだろう。そして、当のホリエモンも、注目度が急上昇で大満足のはずである。大マスコミもかのベンチャー企業家も、国民生活のことなんてカケラも考えてはいない。カネさえ入れば、それで満足なのだと確信せざるを得ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/23 12:00
現代日本は本当に豊かか
経済的な困窮ということは、今日、新聞や雑誌にはほとんど取り上げられることは無い。庶民がすべて豊な生活を送っているからだろうか。いや、それならば、自己破産申立件数が年間35万件を超え、そして、借金苦や生活苦によって自殺する人が年間1万人に迫ろうとしている。こうした事実を、いったいどう説明すればよいのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/08/22 23:41
労働への道
私は性格的に、それまでは何とか我慢をしていたものが「嫌だ、嫌いだ」と思い始めると、加速度的に大嫌いになっていく。誤解を生じやすいので申し上げると、そういう状態になるのは、もともとわだかまりのあった事象についてのみである。つまり、仕事をもらうためにしぶしぶ付き合っていた編集者や、昔だったら上司というだけで従っていた管理職や会社などである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/21 21:18
ブログと書籍化
まれではあるが、ライターの仲間や編集者諸氏から、「せっかくブログをやっているのなら、書籍にすることを考慮に入れてはどうか」と言われることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/20 17:56
窮すれば通ず
いよいよ生活の危機である。やはり、努力と信念だけではどうにもならぬものなのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/18 22:27
生きるためなら手段はある
私はしばしば編集者の悪口を言う。すると、「品性に欠ける」「大人気ない」「世話になっているのに恩知らず」といった意見をよくいただく。たしかに、その通りだとは思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/08/16 17:16
プレーンヨーグルトの日々
近所のドラッグストアで、プレーンヨーグルトを定期的に安売りしている。そのまま食べてもおいしいのだが、ちょっとひと工夫。といっても、特別な加工をするほどではない。麻やコットンの布を敷いたザルにいれ、下には小鉢やボールなどを受けて冷蔵庫で保管する。すると、2〜3日ほどで、水分が下に落ちて固まったようになる。これをクリーム代わりに使うのである。ホイップクリームに比べてさっぱりしているので、夏にはとてもおいしい。そのままでもいけるし、フルーツなどとあわせても非常に美味である。冬場なら、コットンの袋に入... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/16 13:03
現代と言論の自由
言論の自由というものを論議すると、キリがなくなるのは経験的によく知っている。というより、私のような頭が悪く押しも弱い、臆病なな小心者は議論となるとまるでダメである。頭の良い諸氏の前では、小さくなって言いこめられるのが常である。そして、「このバカ者め」「もっと勉強しろ」「××××××(聞くに堪えない差別表現)」を浴びせかけられるのがオチである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/15 00:02
戦後と言論の自由について
戦後について触れるとなると、やはり言論の自由に関して考えずにはいられない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/14 13:34
本当に日本の景気は回復傾向か
小人閑居して不善をなすというが、私はヒマであると同時に忙しい。ライターの仕事はほとんど無いような状態であるが、やらなくてはならないことは山のようにある。資料の整理、庭の草むしり、部屋の掃除、再び資料の整理。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/13 21:25
日航機事故20年を扱うテレビの姿勢
世間はお盆休みであるが、貧困ゆえに家族をどこにも連れて行ってあげられない当家では、テレビやビデオを見たり、そろってスイカや梨を食べたりするのがやっとである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/13 13:33
戦後と読書
戦後というと、いろいろなことを思い起こされるが、そのひとつに「文学者の戦争責任」という論争がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/13 01:59
戦後60年には関心は無いが
先日、「テレビは最低」などと自ら言っておきながら、実は結構観ている私にコメントをいただいたが、言い訳もできようはずも無く、確かにテレビは観ているほうだと自覚する。つまらない言い訳をしても、無駄なことでありましょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/12 21:20
郵政法案と庶民生活
昨日、郵政法案否決後のゴタゴタについての感想を書いたが、別に郵政改革について論議する気はまったく無い。というより、郵政改革について何一つわからない。だから、「民営化に賛成か、反対か」などと問われても、さっぱりわからないというのが正直なところである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/09 23:30
郵政法案のドタバタ
郵政法案が否決された。ニュースをはじめ、マスコミは大騒ぎである。まあ、私はマスコミには関係の無い人間であるから、何の関心も無い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

2005/08/08 17:59
デジタルカメラについて
目下、当方が所持しているデジカメは3台。パナソニックのLC-40が2台に、ニコンのクールピクス880。ほかは生活費のために処分してしまった。最近ではライターの仕事でも、「写真はデジカメ。データで送付」と指定されることが多く、デジタルカメラは必要不可欠なものとなっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/08 17:05
フリーライターかフリーターか
ライターの仕事は減る一方である。加えて、8月は工場の仕事は休みとなる。労働衛生上の取り決めから、私が働いている工場ではアルバイトは2ヶ月以上続けて勤務することができない。現在、コレクションしていたカメラを売りつつ、商品モニターなどをしてわずかな報酬を得ている。といっても、モニター協力費1万5000円も、8月分はもらえるかどうかわからない。事態はかなり危うい状況だ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/08 14:53
ライターの仕事とは
ライターの仕事を始めて、かれこれ16年近くになるが、今もってあれこれと考えさせられることが多い。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/06 16:56
名著発掘
「発掘」とは、私の場合その名のとおりです。つまり、部屋のガラクタの山の中から、蔵書をその名の通り「掘り出す」作業であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/05 13:20
さらに少子化対策の不毛さについて
庶民の視線から見て、少子化対策として最優先に着手すべきと考えられるのに、まったくその気配が無いもののひとつに、出産費用の無料化と対策強化がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/04 21:54
潔癖症だった頃
20代の頃、私も潔癖症だったことがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/08/02 00:49
勝てる気がしない
少子化や高齢者の対策も重要だが、ニートや引きこもり、ホームレスの問題も深刻である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/08/01 17:55
どこまでも庶民の視線で
マクロ経済的に観れば、日本の景気は回復しているのかもしれない。理論的には、そうした数値が算出されると、つい先日、ある専門の研究者から聞いた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/30 18:37
夢も希望も無いのだろうか
現在、日本では年間3万人の自殺者が出ている。交通事故の死亡者の3倍以上である。一口に3万人などといってもピンとこないが、小さな町の人口にも匹敵する人数だ。それだけの人々が、毎年自ら命を絶っているのである。これを異常と言わずになんと表現すればよいのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/07/29 23:59
夢と希望はどこにある
フジテレビ系列で放映されていたドラマ『恋におちたら 〜僕の成功の秘密〜』はなかなかよくできた作品だったと思う。最近のドラマの中では、面白い部類に入っただろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/28 22:01
自らの価値観を信ずるということ
ウルフマン・ジャックというディスクジョッキーがいた。すでに亡くなってしまったが、FENなどで名前だけ目にしたことがある。ちょっと聞いたこともあるが、英語がまるでダメな私は、「特徴のある声だな」という程度の認識しかなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/27 23:47
まったく興味が無いこと
まず『電車男』。鋳造された感動話には何の関心も起こらない。かような造作によらなければ、感動というものは喚起できないのが現代という時代なのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/24 00:01
再び丑の刻参りについて
以前、丑の刻参りについて書いたことがあった。私がなぜこの術式に興味があるかというと、それはまず第一に、これが庶民のなしうる手順であるということ、そして、あまりに有名なこの方法が、まともに解説されることが皆無だということだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/23 10:36
はなはだしき勘違い
ずっと以前にある経営コンサルタントの先生から聞いて、なるほどと思った話がある。 「会社において、ヒラ社員と社長はどちらが偉いか」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/23 09:33
浮上しつつあれどいまだ水面は遠く
更新を休んでいる間に、多くの出来事が起きました。ロンドンの同時自爆攻撃、ジャーナリストの自宅への放火事件、そして最近では、政府税調での暴言事件、などなど。世の中は実にめまぐるしく激動しております。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/22 22:05
悪の園芸日記 生物兵器に美しき花開く
先日、洗濯物を干していた妻が「オジギソウに花が咲いた」と言った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/07/20 10:37
暴風雨過ぎ去れども未だ風強く雲多し
どうにか当面の危機は脱しました。ご心配をおかけした皆様にお詫びするとともに、激励と叱咤をいただいた方々に、心よりお礼申し上げます。また、心ある有志からの支えが無ければ、危機を免れることはできなかったでしょう。いくら感謝しても足りません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/19 12:23
遠くまで行くんだ
事態はいよいよ深刻であります。もはや、ガスや電気が止められるのも、時間の問題でしょう。こんな事態となってしまったのも、ひとえに私自身の責任、私の不甲斐なさにあることは明白であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/07/07 07:25
神の啓示
先にジャーナリストのT氏から、現在の苦境は「神の啓示」との言葉をいただいた。このひと言は、大変に重く感じられる。なぜなら、私が苦しい状況に陥るのは、何も今回が初めてではないからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/07/04 20:21
我は求め訴えたり
尊敬するジャーナリストの山岡俊介氏の著書銀バエ 実録武富士盗聴事件の第6章は、ジャーナリズムについての感動的な文章で構成されているが、そのなかに「貧乏を怒りに変えるフリーはジャーナリズムの原点を忘れない」という一文がある。私もまた、この文の精神を、励みと戒めにしていきたいと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/07/01 04:04
夢破れ いずこへ帰る
本プログは、当方の混乱をつぶさに観察し、それを省みることを目的としている。混乱とは日常生活そのものであり、そこに現れた現象を可能な限り描写しなくては、本プログの意味がないだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2005/06/26 18:57
強く生きよう 倒れまい
現在、私は苦難の奥底にある。詳細は記述しない。あまりに私的なことであるし、あまりに凡庸でつまらないことだからだ。いわゆる「話せば長くなる。長いわりにつまらない」話だからだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/06/23 20:17
少子化について再び
「木を見て森を見ず」という言葉があるが、政や官が「推進している」と称する施策を始め、世に流れている少子化の論議についても、どうもピントがずれているとしか思えないものばかりに感じられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/22 20:30
「とんでもございません」は間違い
敬語の本やビジネスマナーのガイドブックなどによく載っているので、ご存知の方も多いかと思うが、「とんでもございません」という言葉は間違いである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/21 20:26
私は出版に希望が持てない
私は出版業に携わっている者でありながら、この出版という仕事にはわずかな希望しか持つことができない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/20 23:50
「ミュージックバトン」に答える
尊敬するきみ駒さんから、「ミュージックバトン」なるものを拝受した。手順としては、チェーンメールか「不幸の手紙」のような手順をとるものらしい。金品がからまないので、「無限連鎖講」には該当しないようだ。 あまり面白いものは出てこないと思いますが、お答え申し上げたく存じます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/19 20:35
歌舞伎町に関する雑感
取材で歌舞伎町をぐるりと回る機会があった。すでに、かつての賑わいは無い。平日の昼間ともなれば、人通りは以前に比べてとても少ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/18 23:40
私は文章を書くことに向いていない
いろいろな方のブログを拝見していると、文章といい構成といい、実によくまとまっていらっしゃる。内容も読んでいて、とても面白い。世の中には誠に文章の上手な方が多いものだと、感心するとともにわが身が恥ずかしくなる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2005/06/17 00:23
自分が死ぬことを考える
結婚して子供を持ってから、いっそう確たるものとして気づいたことがある。自分は孤独であるということ。そして、自分がいずれは死ぬのだということだ。しかも、この2つとも、悲観するとか感傷的になるのではなしに、自分でも驚くほど冷静に、そして意識的に考えるようになったということだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/16 12:20
高齢化も考えなければ
少子化ということを考えていくと、同時に高齢化についても必然的に視野に入ってくる。社会現象というものは有機的に絡み合っているので、少子化とか高齢化とか、そういう局所的なところばかり見ていくわけにはいかない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/15 15:55
日本に「個人主義」はあるのか
少子化を話題にすると、「少子化を招いたのは個人主義が普及したためだ」という主張をする方が多いようだ。少子化以外にも、個人主義を俎上にあげて「けしからん」とお怒りになる向きが少なくない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/14 23:53
干渉無く生きるということ
私には友人がいない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/13 17:10
少子化について再考
少子化という現象は、非常に重要で、しかも難しい問題であると思う。それゆえ、一筋縄ではいかないだろう。何か有効策をひとつやふたつ実施したくらいでは効果など望めないことは、まったくの素人である私にでも理解できる。それこそ、国家を挙げての対策がなされてもおかしくないくらいの状況であると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

2005/06/12 23:53
もっともらしい言葉に注意
「逢う魔が時」という言葉がある。魔に出会う時とは、何とも言い得て妙だが、辞書で調べてみるとこれは当て字らしい。正しくは「大禍時」で、とてもまがまがしい時間帯をさす言葉だそうだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/10 23:53
少子化対策に対する管見
政府や行政の少子化対策がまったく効果を上げていないことは、実際の出生率を見れば明らかである。わが国の政治家や代議士、官僚といった諸君は、少子化という事態を危機感をもって認識しているのだろうか。はなはだ疑問である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 4

2005/06/07 22:17
週明けの小人いろいろ
先日も申し上げましたが、overQさんのブログはとても興味深く楽しいのですが、どういう不手際なのか私のほうから書き込みができません。と思っていたら、overQさんも当方にコメントがお書きできないとのこと。ITって、本当によくわかりません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/06/06 23:25
私は消耗品に過ぎない
娘を叱ったら、「パパなんていらない」と泣き出した。「こんな家、出て行く」とも言って騒いだ。こんなことはしょっちゅうである。私は別に、悲しいとも思わないし、娘に困ったという感情も無い。子供とは、なべてこのようなものだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/06/03 01:09
生きる希望なき現代
報道によれば、出生率が過去最低となったそうだ。さらに、死因の第6位が自殺だそうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/06/02 02:24
想像力乏しき現代
overQさんhttp://www.overcube.com/blog/が「九十九夜」という企画を進めていらっしゃる。とくに私が目を引かれたのが「麒麟」であります。overQさんのブログにコメント申し上げようとしたのですが、どういう不都合か書き込みができません。故に、ここで少々駄弁申し上げたく存じます。勝手に引き合いに出してしまったoverQさんには、どうかご無礼をお許しください。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/06/01 23:23
「丑の刻参り」について考える
世間一般にはその名称をよく知られているものの、内容や詳細となるとほとんど理解されていないものが数多く存在する。そのひとつに、「丑の刻参り」がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/05/30 18:21
真実を伝える困難さ
事実を文章だけで客観的に伝えるのは、非常に難しい。至難の業と言ってもよいだろう。その場で見聞し、なおかつ画像や音声で記録した上ですら、正しくかつ簡潔に、そしてわかりやすく説明することは極めて困難である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/05/29 21:36
歴史は演出される
私は書かれたもの、文章をそのまま信用しないよう心がけているが、同様に報道や映像もそっくりそのまま信用はしない。旧日本兵のニュースしかり、イギリスのピアノマンしかりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/29 19:53
不精ヒゲはそるのに苦労する
徹夜続きやら何やらで、もう1週間もヒゲをそっていません。おかげで、ヒゲがボウボウであります。 こんなのを「無精ヒゲ」と申します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/27 23:12
短い間でしたが
当ブログは本年1月23日に開設し、「厄年男の混乱と反省の生活を描く」と称して、今日まで続けてまいりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/05/26 20:56
たら本後記とブログへの不慣れ
先日、好評企画「たら本」に参加。本番に弱い私は、例によって後になってからいろいろ「ああ、あんな本があったな」と気づく。ボッカチォの『デカメロン』にノサックの『影の法廷』、トーマス・ハーディの短編『なぜ窓は開いている』、富永太郎の詩『大脳は厨房である』、などなど。広い意味では、『真ク・リトル・リトル・神話大系』なども挙げてもよかったかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/22 23:49
たらいまわし本のTB企画・第13回は『美しく妖しく…夜の文学』
遅ればせながら、「たらいまわし本のTB企画・第13回は『美しく妖しく…夜の文学』」に参加申し上げます。お題は四季さん http://cafebleu.vis.ne.jp/ciel/であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 14

2005/05/21 00:07
宗教上の理由につき
仕事が立て込んでいて、連日徹夜であります。明け方はさすがに冷え込みます。でも、朝のゴミ出しに外に出かけたときの、ひんやりした空気はなかなか心地よい。その後で飲む、ウイスキーのうまいこと。あっ、そんなコトをしているから、仕事がいつまでも終わらないのか。反省。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/19 23:36
小人 突然の雹に驚き私物の整理ははかどらず
昨夜は徹夜でしたが、午前中に目が覚めました。理由は、息子と娘の情け容赦のない騒乱と暴力であります。父は疲れているのだ、という叫びは、遊びまわる子供らの耳には入らない。嗚呼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/15 18:40
不定期更新 悪の園芸日記「新機材導入」
日本各地ではさまざまな事件が勃発しているようだが、総じてわが日本は平和であると言えよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/05/13 23:35
断章群馬紀行 その1
義理の弟の家がある群馬は、とてもよいところであります。この連休も、2泊3日ながら大変に楽しんでまいりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/10 23:14
今日は母の日
本日は「母の日」であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/08 15:27
私は「心霊の話題」が嫌いだ
群馬に行く前、知り合いから「群馬にも心霊スポットがあるよ」とかなんとか言う話を聞いたような気がする。「気がする」というのは、私が真面目に聞いていなかったからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/08 13:48
20年来の課題
皆様、よい連休を過ごされたでしょうか。 私は群馬やら近場のイベントやらと、まあ有意義な数日でありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/05/06 23:53
連休前に小人さらに混乱す
連休直前に原稿依頼がたまる。てっきり連休後で大丈夫だと思っていたものまで、5月2日までに上げなくてはならない。嗚呼。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/04/27 23:57
不定期更新 悪の園芸日記
今年になってから、ベランダの片隅を使ってささやかな鉢植えを始めてみました。ブログで行き来のある皆さんの中にも、園芸趣味の方が多いようで、なんだか面白そうなことになってきそうであります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/04/26 21:36
「たら本」後記 その反省と今後
今回、「たら本」に参加させていただいた。例によって、いろいろと反省点が少なくない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/04/25 23:28
ブログは判ってくれない
ブログを始めて何ヶ月かが経ったが、依然としてブログのことがよくわからない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/04/24 00:12
たらいまわし・本のTB企画第12回「爽やかな春に読みたい青春小説」
いつも気になっていながら、忙しさからつい見送りがちになっていた「たら本」ですが、どうにか参加できそうであります。お題はみらくるさんhttp://ilobooks.seesaa.net/article/3036869.htmlからの「爽やかな春に読みたい青春小説」であります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 6

2005/04/23 01:31
私はやっぱり「環境との共存」が嫌いだ
私はもう20年以上前から、自然とのふれあいだとか、環境との共存などという、口当たりの良い、世間受けするフレーズが大嫌いである。最も嫌いなフレーズが、「地球に優しい」というやつ。あれほど傲慢で、思い上がった文言は無い。人間は、自分を何様だと思っているのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/04/21 23:10
私は「自然とのふれあい」が嫌いだ
娘たちに手伝ってもらって、ベランダに花をいくつか植えた。 でも、それほど深い意味も考えもあったわけではない。単にベランダや庭に花でも咲いたらいいな、という程度の思いつきである。子供らの情操教育などということは、毛ほども考えていない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/18 23:59
慈悲の人ありて小人過去の過ちを許される
今日は一日、仕事で外を回っておりました。疲れました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/15 23:29
ジャーナリズムには「誠実」と「感動」が不可欠だ
尊敬するジャーナリストである寺澤有氏の新しい著書、交通取り締まりのタブー!―反則金+放置駐車違反金で1千億円超え!お巡りさんウハウハのカラクリが発刊となった。高度で綿密な取材の積み重ねによって構成され、極めて信用性の高い内容であると同時に、非常に説得力ある興味深い文章でつづられている。最近ではまれとなりつつある、骨太のルポである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/11 17:31
小人病み上がりなれど労働す
ようやく外出しても平気なまでに回復してまいりました。励ましをいただいた皆様と、わが国の気候、そして神々に感謝いたします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/04/02 14:43
ライブドア問題と議論の厳密さ
ライブドアのニッポン放送買収にまつわる話題は、いろいろ波風を起こしているようであります。 さて、ゲームの規則はいかがなりますやら。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/28 04:12
ライブドア問題とテレビのくだらなさ
たっぷりと睡眠をとり、家でおとなしくしていた甲斐もあって、いくらか体調もよくなってきたように感じられる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/03/27 17:26
お金が無くては生きられない
「人生は金が一番か、そうではないか」というテーマで討論するような、そんな゜テレビ番組が今放映されている。ちらりと見たが、あまり興味がない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/03/23 23:22
私は「思い出」が嫌いだ
今日は娘の幼稚園の終了式だった。ついこの前に入園したばかりのような気分だったのに、本当に早いものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/03/22 22:43
徒弟関係なき現代
最近は、ちょっとしたことで「師匠」だの「弟子」だのと言う連中が多いように思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/03/18 23:49
天下人無き現代日本
某クレジットカードのテレビCM。オダギリ・ジョー扮する若手エリート社員が、社内の派閥争いに巻き込まれる。若手でやり手の猫田課長につくか、古参の犬山部長(だったかな)につくかで苦悶する。さあ、どうするオダギリ・ジョー。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/03/17 00:00
ブログの混乱と後先考えない人生
ブログを初めて2ヶ月近く経つが、わからないことだらけである。知人などから「お前のブログは殺風景だな」などと言われるが、別に好きでそうしているのではない。やり方がわからないだけなのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2005/03/13 21:05
我は求め訴えたり
古今東西の呪術やおまじない関係の資料をひもとくと、「人を呼び戻す術」とか、「人を足止めさせる術」というのがとても多い。現在のように携帯電話など無い時代には、そうしたことも神秘的な術に頼ることが多かったのであろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2005/03/11 08:15
無人島・売り物・絶版の岩波文庫
しばしば定番の話題になるのが、「無人島に持っていく本」である。 私は1冊だけ選べといわれたら、やはり『易経』だと思う。読んで教養となり、緊急時には行動の手引書となる。座右の書として最適である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/03/09 20:35
ホリエモン発言とジャーナリズムの意義
ホリエモンことライブドア堀江社長が、『毎日新聞』のインタビューに応じた。http://www.mainichi-msn.co.jp/search/html/news/2005/03/07/20050307org00m300047000c.html このなかで堀江社長は、「(調査報道や不正の追及など)皆さんの考えるジャーナリズムはもう必要ない」とのべている。また、「テレビや新聞もいらないところまで来ている」とも言っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/07 23:20
ホリエモン・貧乏性・増え続けるボツ原稿
私は仕事でも私生活でも、モノを捨てるのがとても苦手である。 そのくせ、買えるものや手に入るものは、後先考えず購入したりもらってしまったりする。 私もものすごくお金があったなら、ホリエモンことライブドア堀江社長のように、いろいろなものを買いまくってしまうかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/06 23:58
気楽にやりましょう
先日、ある青年から就職についての相談を受けた。 まだ18歳の、少年といってもいい若者である。事情があって、高校を中退した。そのため、なかなか採用がもらえないのだという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

2005/03/05 23:55
堀江社長の発言に思う
ホリエモンことライブドアの堀江社長が、自社のHPでライブドアを「世界一の会社に」したいと発言したそうで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/02 23:58
ホリエモンの名言
相変わらずライブドア関連のニュースに関心が集まっているようです。 タイムリーな話題に疎い私に、知人が六本木ヒルズの若手社長たち ~21世紀勝ち組企業家たちの新・哲学~という本を教えてくれました。堀江社長以下、注目の起業家たちについて、わかりやすく説明してあります。お勧めの一冊であります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 16

2005/02/28 20:37
週明けはやはり波乱で始まる
昨夜から2歳の息子が「お耳が痛い」と言い出した。また中耳炎が再発したようだ。 徹夜明けで、ほとんど眠らぬまま行きつけの耳鼻科にクルマを飛ばす。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/02/28 18:58
ブログ1ヶ月経過
いつの間にか、ブログを初めて1ヶ月経っていた。 いまだにブログがよくわからない。リンクのはり方がわからない。トラックバックも同様だ。あれこれ機能はあるみたいだけれど、説明を読んでも理解できない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/28 12:30
道楽は気楽
文章も写真も、気がつけば長くつき合っている。写真は小学校5年の時から、文章を書き始めたのは、中学2年の時からだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/28 06:15
私は家族の絆を信じない
しばしば「家族の絆」とか、「親子や夫婦の信頼」などということを口にする人がいる。 私はそうした「絆」というものを、まったく信用していない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/26 23:48
表示を疑え
私はたぬきそばを常食としている。ここ毎週、5杯から7杯のたぬきそばを食べている。 この自分で作るたぬきそばだが、「そば」ではない可能性もある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/25 21:01
食品の安全と子供の味覚
mort_a_creditさんがパンとマーガリンを例に挙げて、加工食品の危険性について書いておられた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/02/23 13:33
厄年に思う
皆様こんばんは。といっても、こんな夜更けに起きて仕事をしているのは、私くらいでございましょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/02/18 01:35
私は電話が嫌いだ
私は電話という装置が好きになれない。 これは10代の頃からずっと同じである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

2005/02/15 22:58
デジタル生活に戸惑う
使用していたデジカメ、パナソニックの「DMC-LC40」を修理に出しているので、本ブログに写真のアップが出来ない。仕事や生活にはとくに不自由は無いものの、なんとなくつまらない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/02/13 12:59
雑学本より辞書を
某テレビ番組の影響らしいが、雑学がブームらしい。書店にも雑学本が数多く並んでいる。雑誌などにも雑学を特集した企画もよく見受けられる。 ところが、この多くの雑学本や雑学特集には、とにかく間違いやデタラメが数多い。出展や根拠となる資料が提示されていなかったり、年代その他の詳細事項があやふやだったり、なかには内容を面白おかしくするために、事実をねじ曲げたり、珍妙な演出をしているものも多い。 挙句の果ては、思い込みや憶測を、そのまま記事にしているものまである。 例えば、頭が悪いという意味の「バカ」... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/12 22:05
私は回顧ブームが嫌いだ
尊敬する読書家のLINさんがコメントで、東京では古いものをどんどん壊しているくせに、『お台場一丁目商店街』http://www.odaiba-decks.com/ichome/のような懐古趣味的なものを作っている現状をご指摘くださった。ありがとうございます。 すべての回顧的なイベントが駄目と断言するほどに、すべてを見聞したわけではない。しかし、あのお台場の代物はとてもよいものとは感じられない。 個人的には、大嫌いなものと言える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/02/10 21:08
私は六本木が嫌いだ
今日の取材は六本木だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/02/09 23:26
バレンタインデーに関する疑問と提言
先日、打ち合わせで都内に行ったとき、山手線のある車両の広告が、すべてゴディバであった。 おいしいけれど、高いんですよね、ゴディバ。それからノイハウスとかも。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/02/07 22:33
愛知の事件について 補足
愛知のスーパーでの殺傷事件の犯人について、「1月に刑務所を出所したばかり」と報道された。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 9

2005/02/04 22:29
愛知の事件についての管見
愛知県で痛ましい事件が起きた。子を持つ親として、深く考えさせられてしまう。 事件の報道に触れるたびに、筆舌に尽くしがたい思いである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2005/02/04 21:00
対決すれど虎にはあらず龍も無く
NHKの海老沢元会長が顧問に就任したとのこと。これについて日本テレビの氏家氏は、「NHKは世論に疎い」云々とコメントしたらしい。 特殊法人日本放送協会、これからどうなるのでしょう。まだまだ目が離せません。朝日新聞との対決も、どうなることでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 5

2005/01/28 08:53
ブログ始めました
これまでは、いろいろな方々のブログに図々しく押しかける無宿者でありましたが、 この度、自分でも始めてみることに致しました。 とはいえ、何を書くかと問われれば、やはり日常ということになりましょう。 日常は、これ混乱の連続。 混乱あらば、公私ともに影響を及ぼし、反省もせねばなりますまい。 かくて当ブログは、有形無形の混乱の片鱗を、反省検証するものというところでしょうか。 しかし、凡庸非力なる中年男に、どれほどのことが書けるのか。 そして、それが果たして、人様にお喜びいただけるのか。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2005/01/23 10:42

トップへ | みんなの「独り言」ブログ

混乱と反省の日々 独り言のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる